アンノドミニ – 北條響

泣けない君が夢見るものは
森を渡る清らな風

泣かない君が焦がれるものは
雲ひとつない空の青

ぼやけた記憶の淵
何度も指で擦り
やがて昨日の匂いも
何一つ残さず消し去ってしまえたなら
忘れられるのに

絶望に僕らは導かれて
魂の在りかでめぐり逢えたんだ
絶望が僕らを呼び合うから
始まりの場所へ さあいま手を繋いで
決して尽きることない約束をしよう

泣いてる僕が夢見たものは
朝焼けを映す湖

失くした季節の果て
何度も声をあげて
いつか傷つけた想いも
何一つ残らず重ね合わせられたら
越えていけるだろう

絶望が僕らを見棄てるまで
魂のとなりで明日をさがして
絶望が僕らを見放すまで
永遠の丘で 怖れるものは何もない

君の目に映るすべてを
君の耳に届くすべてと共に
寄り添いながら 君を感じて 生きよう

絶望に僕らは導かれて
魂の在りかでめぐり逢えたんだ
絶望が僕らを呼び合うから
始まりの場所へ さあいま手を繋いで
決して尽きることない約束をしよう