着飾るってことは素敵だっておもうよ自分っていう存在、表現するためならね だけど窮屈そうに袖を通してたって似合わないスタイル馴染んじゃくれない 嘘を貼り付けたまま流行って棚に並んでるね思うことたくさんあるんじゃないかな? 言葉を紡いで、ただありのままに想いをものすって容易いでしょ他人(ひと)と違うこと、恥じたってしょうがないね君は君を識らなくちゃ 流れに棹差すために偽ったって苦しいのなら、結局は溺れてる 息吐