窓を開ければ 波の音ここは最果て 日暮れ宿愛のねぐらに 帰るのか翼寄せ合う 海猫よあゝ私はひとり 旅の鳥あゝ恋にはぐれた 迷い鳥泣きながら ふらふらと越えてきました 北海峡 岬燈台 灯がにじむ噂とぎれた 風港沖にちらちら 揺れるのは燃える未練の 漁火よあゝ私の心 暗い海あゝ涙色した 寒い海めぐり逢う 夢あかり消えて淋しい 北海峡 あゝ私は浜の 忘れ舟あゝ砂に抱かれた 埋もれ舟あのひとを 追いかけて星が