影を慕いて – 北島三郎

まぼろしの 影を慕いて
雨に日に
月にやるせぬ わが想い
つつめば燃ゆる 胸の火に
身は焦れつつ しのびなく

わびしさよ せめて痛みの
なぐさめに
ギターをとりて 爪弾けば
どこまで時雨 ゆく秋ぞ
振音(トレモロ)寂し 身は悲し

君故に 永き人生(ひとよ)を
霜枯れて
永遠に春見ぬ わが運命
永ろうべきか 空蝉の
儚なき影よ わが恋よ