大利根月夜 – 北島三郎

あれを御覧と 指差すかたに
利根の流れを ながれ月
昔笑うて 眺めた月も
今日は今日は 涙の顔で見る

愚痴じゃなけれど 世が世であれば
殿の招きの 月見酒
男平手と もてはやされて
今じゃ今じゃ 浮世を三度笠

もとをただせば 侍そだち
腕は自慢の 千葉仕込み
何が不足で 大利根ぐらし
故郷(くに)じゃ故郷じゃ 妹が待つものを

コメントを残す