哀愁列車 – 北島三郎

惚れて 惚れて
惚れていながら 行くおれに
旅をせかせる ベルの音
つらいホームに 来は来たが
未練心に つまずいて
落す涙の 哀愁列車

燃えて 燃えて
燃えて過した 湯の宿に
うしろ髪ひく 灯がひとつ
今宵逢瀬を 待ちわびる
君の幸せ 祈りつつ
旅にのがれる 哀愁列車

泣いて 泣いて
泣いているのを 知らぬげに
窓は二人を 遠くする
堪えきれずに 見返れば
すがるせつない 瞳のような
星がとぶとぶ 哀愁列車

コメントを残す