勘太郎月夜唄 – 北島三郎

影か柳か 勘太郎さんか
伊那は七谷 糸ひく煙り
棄てて別れた 故郷の月に
しのぶ今宵の ほととぎす

形(なり)はやくざに やつれていても
月よ見てくれ 心の錦
生れ変って 天竜の水に
うつす男の 晴れ姿

菊は栄える 葵は枯れる
桑を摘む頃 逢おうじゃないか
霧に消えゆく 一本刀
泣いて見送る 紅つつじ

コメントを残す