初めて来た港 – 北島三郎

初めて来た この港
たった短い 四、五日だけど
汽笛一声 別れる辛さ
涙でうるむ 町あかり
さいはての港

遠くにかすむ あの港
今度来た時ゃ しばらく滞在(くら)そう
さらばいとしの 国後岬
淋しく月も ぬれている
北海航路

死ぬほど好きな あの人に
無理に別れる つもりはないが
男船乗り 荒波こえて
また来る日まで 逢う日まで
元気でさようなら

コメントを残す