三郎太鼓 – 北島三郎

まいどみなさん おなじみの
三郎太鼓と 名をつけた
おいら自慢の この歌は
怒濤逆巻く 北海の
波にきたえた こころ意気
男すて身の 夢かけた
演歌一代 歌の旅
のるかそるかは 知らねども
意地と度胸の 体当り
喉がさけても つぶれても
花の舞台で 散るかくご

義理を背負って 越えていく
くらいつめたい 巷にも
闇夜ばかりは 続きゃせぬ
なにわ節だよ 人生は
人の情けに つつまれて
うれし泣きする ときもくる
泣くな怨むな がまんしろ
腹の立つ時ぁ この太鼓
ドンと叩けば 気も晴れる
胸に斗志の 灯をかかげ
おれはやるんだ どこまでも

コメントを残す