ふるさとの燈台 – 北島三郎

真帆片帆 唄をのせて通う
ふるさとの小島よ
燈台の岬よ
白砂に 残る思い出の
いまも仄(ほの)かに
さざなみは さざなみは
胸をゆするよ

漁火(いさりび)の 遠く近くゆるる
はるかなる小島よ
燈台のわが家よ
なつかしき 父のまた母の
膝はゆりかご
いつの日も いつの日も
夢をさそうよ

歳ふりて 星に月に偲ぶ
むらさきの小島よ
燈台の灯(あかり)よ
そよ風の 甘き調べにも
想いあふれて
流れくる 流れくる
熱き泪よ

コメントを残す