この人生を ここまで歩いてくれば(ここまで歩いてくれば…)永き旅路の 出逢い 別れ思い出 よみがえる山を越え 谷を越えて嗚呼 陽はまた昇り それが道なら大地 踏みしめて熱く 熱く 熱く明日へ続く この人生を 再(ここ)から歩いてみるさ(再(ここ)から歩いてみるさ…)雨が降るたび 花は 咲いて緑は 芽吹くもの夢一つ 胸に抱(いだ)いて嗚呼 季節は巡り そこに詩(うた)あり紡(つむ)ぐ 足跡は遠く 遠く