紅の蝶 – 北岡ひろし

好きなお方に 会える日は
三味線(しゃみ)の音色に 身も染まる
だけど私は 籠(かご)の虫
明日(あす)を縛られ 飛べないの
あなたの情け 一筋を
胸にからめる 紅の蝶

恋だ愛だと 色めけば
沈む花街 闇(やみ)の川
どうせ指輪は 夢だもの
口紅(べに)を差す指 また痩せた
あなたの写真 一枚が
帯のお守り 紅の蝶

いつか私が 死んだなら
紅い炎(ひ)が立つ 野辺(のべ)送り
いいえ花など 望まない
泣いてください ひと夜だけ
あなたの涙 一粒を
抱いて翔(と)び発(た)つ 紅の蝶