夜に咲いても 花は花あんないい娘を 泣かすのはどこのどいつか 憎い奴汚れちゃいない まなざしがじんと来るほど 好きだった ぐれて流れた 俺でさえ人の住む世の つれなさに酒が恋しく なるものをネオンのかげに ひとり咲く花の素顔は さみしかろ どこにいるかは 知らないが俺を泣かせた まごころはせめて捨てずに 生きてくれしあわせ祈る