星がまたたく街 恋のキューバよきみを待つひとり待つ 花の街角虹のネオンがまた 夢を呼ぶようななやましくやるせない 夜のキューバよ燃える瞳は優しく 青いドレスを着た君リラの花咲く帆影で 別れたままの君いとし面影抱き 君を待つ夜の微笑みの胸の内 君は知らずや ラララララ ラララララララララララララ ララララララ 甘い夜風の街 恋のキューバよ肩を抱き胸を寄せ しのび逢う夜は男心もまた 熱くときめく懐かしの思
「俺たちゃな御法度の裏街道を歩く渡世なんだぞ。いわば天下の嫌われもんだ」 およしなさいよ 無駄なこと言って聞かせて そのあとに音と匂いの 流れ斬り肩も寂しい 肩も寂しい…… 「ああ…いやな渡世だなあ」 親のある奴 どきやがれいやだ いやだと よけながら涙忍んで さかさ斬り何処へ行くのか 何処へ行くのか…… 「ハハハハ ああ 眼があきてえなあ」 おやめなさいよ 罪なこと情け知らずの さげすみを花を散らして み
男心の 淋しさなんかわかるものかよ 女になんて誰も一人じゃ 生きてゆけぬと知っていながら いつかふらりとあの町この町と またひとり旅 日高本線 様似を降りて行けば襟裳の 岬に灯りふたつ並んだ 汽車の線路もこれが運命と 切れてしまうよあの町この町と また尋ねゆく 男心は みなし子だからすぐにどっかへ 行ってしまうのさ今にしてみりゃ 捨てた女を未練たらしく
夜霧に濡れた外人墓地で別れるなんて出来ないと涙を流したおまえの頬に港の灯りが光ってたああ… 一人の夜のシーサイド横浜 風に泣いてる港のタワー二人の別れを知っていた誰にも見せない俺の心をおまえにだけは見せたのにああ… 涙にかすむシーサイド横浜 雨に濡れてた元町通りクラブの灯りも消えていたそっと交したあの口づけを今でも俺は忘れないああ… 一人の夜のシーサイド横浜
いつかどこかで お前ともういちどだけ 逢いたいあの幸せの夜は どこにいったのわがままばかり 押しつけお前を疲れさせた人の目ばかり気にして 馬鹿だった俺ただひとり夜をさまよう思い出をまさぐりながらたとえどんなに せめられなじられたって いいのさたった一度で いいのさあやまりたい お前に ただひとり夜をさまよう思い出をまさぐりながらたとえどんなに せめられなじられたって いいのさたった一度で いいのさあやまりたい お前に
泣くなよ 訳は聞かないでこのまま さよならしようぜ泣くなよ 男の我儘でただ ひとりに なりたいだけさ残された 僅かな人生だから 真実の事は 言えないけれど 泣くなよ 愛しているのに別れは 俺も辛いけど泣くなよ お前はまだ若いやり直しが きくさ 今なら真実は 苦しみ分けあい共に過ぎてゆく 日々―数えてみたい 泣くなよ 想い出しまってお互いの 道を歩こうよ泣くなよ 涙は似合わないアー 粋な別れをしようぜ
「手前のことを言うのは嫌でございますけどネ、私は座頭という名前の通り、五年前までは、笛を吹いて町を流していた按摩でさぁ眼が見えねえばっかりに、ずいぶんいじめられもしました。悔りもうけました。泣きはしないが、くやしかったね。今に見ていろ眼あきの野郎ども、そう思っていじりはじめたのがこいつだ。眼くらはね、針の修行をつんでも検校という高い位に昇れるんだ。又、琴・三絃の師匠にもなれる。だが、そんなことは俺
Sunny 心のに太陽をSunny 与えてくれた人きれいな花束 お前に贈りたいSunny one so true I love you Sunny 昨日までの俺はSunny さみしい夜ばかり今日から二人の 世界がはじまるSunny one so true I love you Sunny 夢にまで見ていたSunny 愛する喜こびとお前のすべてを 心にいだいてSunny one
あれっきり おれとお前は街で逢っても 知らぬ顔雪降る夜だよ おれが買ってやったコートをコートを なぜ着ない あれっきり おれとお前は街で逢っても 知らぬ顔風吹く夜だよ 声をかけなくてもあの眼であの眼で なぜ見ない あれっきり おれとお前は逢わずに愛して 行く運命(さだめ)雨降る夜だよ おれが買ってやった傘を傘を なぜささぬ
風もないのに 花が散る運命(さだめ)というには あまりにもひどい仕打ちと 泣いていたあき子と言う名の人だったあゝ それっきり かえらない 雨も降らぬに 花が散る一人ぢゃ駄目よと 言い乍ら肩を寂しく ふるわせたあき子と言う名の人だったあゝ それっきり かえらない 人にかくれて 花が散るしづかにしづかに 恋をして咲いて間もなく しぼんでたあき子と言う名の人だったあゝ それっきり かえらない
たそがれの浜辺でだれを待つ セニョリータ恋人はどうしたの来てはくれないのたそがれのチャペルでなにを祈る セニョリータ恋人はどうしたの心がわりしたの だれでも恋こそ生きがいなのとただひとすじに思いこむ 悲しけりゃお泣きよ思いっきり セニョリータいつの日かわかるだろ恋は気ままなものさ
好きなままで このままさよならしようぜどうせいつか 別れるさだめの二人さ夏がすぎて 秋が来て白い冬が 来るようにすべては 季節のめぐりさ好きなままで このままさようならしようぜ 忘れないぜ おまえのやさしいこころを何も言わず 涙をふいておくれよ夜がすぎて 朝が来てやがて潮が 引くように心を残して 行くのさ忘れないぜ おまえのやさしいこころを
こっちをむいて坊や パパにためにこっちをむいて坊や 笑顔をみせてゆうべもおそくて あそんでやれずごめんよ こんやはいっしょに遊ぼう おねがいだから坊や ママといつもおねがいだから坊や 仲よくしてねいつかはおまえも わかってくれるパパとママの 愛のしるしがおまえ さびしいのかい坊や パパとあえずさびしいのかい坊や 寝顔の涙こんどの日曜 どこかへ行こう約束する おまえが行きたいところへ
涙はおふき お願いだからいつものほゝえみ とりもどして悲しい夢を 見すぎたんだろう夜霧にかくれて 愛を求めてかわいい小鳩よ 傷つきながらももいちど朝日に はばたいてほしいバラ色の雲も みつめている かわいい小鳩よ いっしょにどこか逃げたい気持さ ふたりだけの空だけどもそれも かなわぬふたり朝焼けの雲に 祈るだけさ
なんだなんだなんだよ 男のくせにいのちいのちいのちを 惜しがってなにが出来るか 出来るまで胸をたたいて どんとやれ なんだなんだなんだよ 男のくせにこれがこれがこれが 世のためになるときめたら 逃げ出すなどうせ二つと ないいいのち なんだなんだなんだよ 男のくせに恋に恋にいのちを 賭けるのも義理にいのちを 賭けるのもおなじことなら どんとやれ
夜が終われば 恋も終るもうすぐ お前と 別れる朝がくるさよなら さよなら 泣かないで夜明けに涙を見せたくないから 夜が終われば 恋も終るもうすぐお前は 誰かの女(ひと)になるさよなら さよなら 泣かないで夜明けの空に 涙を捨てよう 夜が終われば 恋も終るもうすぐ お前も 俺を残してゆくさよなら さよなら 泣かないで夜明けの雨にすべてを流そうすべてを流そう
悲しいまでに 夕日が赤い窓辺でひとり おまえを思うよおまえとふたりで 育てたカナリアそれさえあれから 歌も歌わぬ風さえ今日も 訪れぬ部屋おれには夜は とても長すぎる 空耳だろか 戸口に音がいたずら風に ときめく心あかりもつけずに 暗闇の中であいてるソファーに 夜を求める星さえ今日も はいらぬ部屋おれには夜は とても辛すぎるとても辛すぎるとても辛すぎる
赤い夕日に さすらいながら死んだやつらに 子守唄 どこで果てよと 誰が泣く知らぬ他国の 蝉がなく 「斬ちゃならねえ人人を 斬っちまった時ァ目先が真暗になっちまった(ハ……)目先ははなっから 真暗だよ」 風に追われた さすらい者よ死んで行くときゃ ひとり旅 バカなやつらに 手向けてやろか俺の情の 子守唄
いやだいやだよ おてんとさんあんたが照っても くもってもおれに吹く風 やみはせぬ何処へ行こうと 気まゝなはずがだんだん世間がせまくなる ひとりぼっちで 旅をしてふるさと忘れた ふりをするなまじおぼえて いるよりは想い出すまい 昨日のことは誰にも見せない 涙顔 いつかまた逢う こともあるごらんの通りの 風来坊かけた情が 仇になりどこで死のうと 生きよとまゝよ誰にも知られぬ ひとり旅
烏泣くなよ 日が暮れる暮れりゃ仁吉が 弱くなる好きな女房を 仁義に替えて意地で三下り 義理で残りの半下り 吉良の港の おぼろ月嫌な渡世が 目に沁みる折って捨てたい 一本刀残る二面を 男うるみが何故切れぬ 三月夫婦(みょうと)の 明け暮れは思い出すなよ 春の夢一夜明けたら 荒神山の空を見てくれ 招く仁吉の朝星を
暗い巷の 愛の日を消して行ったわ 誰じゃやら酔ってこぼした 涙の酒に濡れた翼よ いつ乾く 捨てた故郷は あったとて帰る故郷が あるものか一度枯らして しまった枝にゃ鳥もとまらぬ 巣も懸けぬ 荒れた心の 花園に今日も無常の 風が吹く闇にいつかは 哀しく消える俺は巷の 影法師
赤い幟が ひらひらと風にはためく 旅車乗るは二枚目 堅気役粋な新造も 殿様役も今日は素顔で 次の宿場へ揺れて行く 右を指差しゃ 東海道江戸が恋しい 道しるべ侭になろうか 旅役者我慢しなされ 左に曲がろ一夜泊りの 宿のあの娘も霧の中 見せる舞台は 絵空事どうせあくどい 色模様役者家業は しがないが親のない子にゃ 不敏を掛けてみんな振り向く しゃむい他国の七日月
静かな静かな雨が 旅路の心を愛しく濡らして降る ロケ先のことさ行きずりの喫茶店で ふと見た人のきれいな瞳がなぜか 忘れられない 「えー そうです。ぼく勝新太郎ですけど、なにか…あゝ あなたがあの…いつもS・Yっていう頭文字だけでお手紙を下さる…あゝそうですか あれ、あなただったんですか…。」 静かに静かに語る あの夜の二人を思えば懐かしい夢 ひとときの恋さほの香るも香の味も いつしか冷めて寂しい笑顔で
野郎どもおう! 東海道の野郎ども野暮な刀は ひっこめな威張るお方は わしゃ嫌い川はのんびり 流れてる雲もやさしい 姿をしてるぜ落着きな 娘さんおう! 謎かけ好きの娘さんあつい気持は 判るけど俺ははたちを 出たばかりいまに名代の 貸元になってからでも 遅くはなかろぜ我慢しな 鼻唄でおう! 東海道を鼻唄で飛ばすつもりで 来たものをなんだかんだと 楽ぢゃない俺は三下 風来坊早く消えなきゃ まごまごしてたら日
青い空から 雲がわく青い海から 波がふく空と海との まんまんなかでハンマー振り振り オイラは唄うかんかん虫の命の唄を 白いカモメが 肩に来て「夢はあるか?」と聞いてゆく馬鹿にするなよ 子供じゃないよ霧の降る夜は やさしい夢をかんかん虫も たまには見るさ 親は無くとも 春は来るいろは長屋に 花も咲く泣けば 仲間が笑うじゃないか出船見送り オイラは唄うかんかん虫の やさしい唄を
別れの花たば 抱いてあの娘が手をふる 波止場左様ならのひと言も 泪でうるむせつない気持ちは俺らもおんなじことさ元気でいろよ 達者でねまた会うその日まで せめても笑顔を 見せて形見のパイプを 吹かしゃあの夜のあの夢が 心にしみる忘れやしないぜ信じて待ってゝおくれ元気でいろよ 達者でねまた会うその日まで 名残りのテープも 切れて往く手は果てない 潮路船唄ものんびりと マドロス稼業錨をあげたら未練はのこさぬ
道は木枯らし 北山下ろし冬が落ち目の 肩に来る心細いぞ 甲州街道の日の暗さ江戸を追われて 十三里 娑婆(しゃば)の灯りにゃ 未練はないが親が恋しい 恥ずかしさ鼠小僧が 年貢納めの潮時は一目親父に 会えるとき 藁の上から 他人の膝で生きて流れた 親不知行けばご用の 風が飛ぶとは知りながら止めて止まらぬ 破れ笠
歩く案山子と 笑われながら見せる笑顔も 生きるためどうせ俺らは アドマンぐらし街のピエロで 暮すのさ暮すのさ 白い舗道で 夕雲見れば遠い故郷が 偲ばれる来るんじゃなかった 東京になんか此処にゃ俺らの 夢もない夢もない 思い直して プラカード肩に風によろける 道化者なんだお前は 俺らの影かそんな姿に いつなったいつなった
霧に隠れて 波止場に来たが胸じゃ未練が 泣いているどうせ俺等は 上海くずれ帰る古巣も 今はないあゝ 今はない 意地を張っても 心の底じゃいつか情けに 負けていた同じスマロで 暮らした二人思い寄せたが 何故悪いあゝ 何故悪い 異国育ちの 身の侘びしさを告げる相手が いるじゃなし咽ぶ心に 霧笛が響く俺は寂しい エトランゼあゝ エトランゼ
「ふりむいちゃあいけねえぜ途中でふりむいたやつは かならずもどって来るなぜかかならずもどって来るンだ」 前見て渡りゃあ 希望橋ふりむきゃあ もどりの黄昏橋よ朝陽に生きて 日暮に帰るな帰りゃあしぐれる 橋ぐれるああ…ジンジン…橋ぐれる 「その真前にある橋なンでシャバへ出るときにゃあ かならず渡らなくちゃあならねえンで……別れ際に看守がいいやす 途中でふりむくなってねえ」 だまって下向きゃあ 男橋くやしきゃ