When I was young16 years old果てなく続く 旅の途中下車幸福駅のチケット 幸せつめたポケットラワンブキの葉の下で 雨宿り Woo baby Woo baby青春はいつでも息づいているか?北の大地に吹く風に 問いかける 霧にけむる 摩周湖マリモ眠る 阿寒湖クッシーひそむ 謎の屈斜路湖北の国から 五郎動物王 ムツゴロウふらのの駅前 ちょいと へそまつり Oh ホーツク Oh ホーツク青春は今でも息
Oh 北国の女 Oh 北国の女熱い思いを打ち明けた 五所川原君の肌 白い肌 雪のよう 三内丸山遺跡で 抱き合ったみちのくなかなか イカソーメンYou make me dreamYou make me dream Oh 北国の街 Oh 北国の街広い原野が伸びてく 地平線淋しさは海の色 空の色 君が何かを言おうとして 斜陽館冷たい口唇 張りつめた沈黙Don’t let me downDon’t let m
白く 煙る 雪景色遠く 臨む 五稜郭我泣きぬれて 蟹とたわむるそんなこと言わずに 祭りだよ祭りだ 祭りだ 祭りだよ男の海に 船を出せイカ釣り船は 大漁だい 蒼く 深き カルデラ湖行けよ 北の 開拓者ボーイズ ビー アンビシャス!そんなこと言っても ヒグマだよヒグマだ ヒグマだ ヒグマだよマグマだ マグマだ 昭和新山でっかい青空 抱きしめろ そんなこと言うなら 祭りだよ祭りだ 祭りだ 祭りだよ男の海に 
三陸海岸 随一の 湾 湾 湾取れたてホヤで 二人もホヤホヤやたら注文の多い料理店で おでんせガス おでんせガス おでんせガス おでんせガスロマンチックな岩手で ガスガスガス わんこそばを おかわり 碗 碗 碗河童淵で 流されカッパッパー藤原三代眠る金色堂で おばんでガス おばんでガス おばんでガス おばんでガスドラマチックな岩手で ガスガスガス おばんでガス おばんでガスおばんでガス おばんでガスジャンピ
カモメの群れに えびせんやって島を渡る 気仙沼(ちゃん) マグロやウニや ホタテやアワビ接待過剰 気仙沼(ちゃん) 若者ほとんどいないけどスナックばかりが目立つけど優しさ過剰 気仙沼(ちゃん) 日本の心 欽ちゃんファミリーみんな来るっちゃ 気仙沼(ちゃん) サメのハートは血の色さマンボウは酢みそで食べるのさ優しさ過剰 気仙沼(ちゃん)
雪深き山道を 風にロン毛をふり乱し吠えながら シコを踏み 下りてくる泣ぐ子いねかと捜してるおぉ わしら なまはげ兄弟酒を飲んでは説教さ 雪解けを待つ街よ 八郎潟に飛ぶ鳥よ風の音 波の音 秋田犬泣ぐ子いねかと捜してるおぉ わしら なまはげ兄弟夜を徹して説教さ サクラ咲くころ 武家屋敷杉の木がすくすく伸びる比内鶏よ きりたんぽよ あきたこまちよ 悲恋のヒロイン たつこ姫白神山地は 涙でけむる人の世のはかなさ
山形の山寺の山道を休まずにやっとのこと駆け登る山伏のホラ貝やるせなく閑けさや岩にしみるセミの声ミーン ミンミ ミンミーン(×4) 人間将棋の駒かき集めかわいいこけしのコンテスト転がる芋煮に苔むさず五月雨を集めて早し最上川カッカーカ カセ鳥(×4) 花笠音頭に誘われて抱きしめたくなるぜ 山形牛ギュギューギュ ギュギュギューギュ(×4)ヤマガッタガッタ ハナガサガサ(×4)
磐梯山を遠くに臨み智恵子はほんとの空を見た小原庄助さん 身上をつぶすあぁ あぁ 雨の菊人形 猪苗代湖に白鳥飛んだ塔のへつりのデンジャラス喜多方ラーメン ちぢれ麺あぁ あぁ 雨の鍾乳洞 野口英世は国際結婚母がシカで姉がイヌお人形様に 祈りを捧げあぁ あぁ 雨のさざえ堂あぁ あぁ 雨の鶴ヶ城
水戸黄門の印籠のように君の涙が出た筑波山のガマのように脂汗をかいた 愛するために嘘がいる言い訳だらけの僕は切ない気持ちのままで涙の印籠 水戸納豆の糸のように二人はからみ合う暗い海のアンコウのように愛に沈みたい 切ない気持ちのままで涙の印籠切ない気持ちのままで茨城メモリー
シャバダダバ シャバダダバ シャバダダバダシャバダダバ シャバダダバ ソバユバロマンス 足尾銅山 寛永通宝眠り猫だよ レフト甚五郎江戸村 ニャンまげ みんな飛びつけ中禅寺湖のほとりで チュッ チュッ チュッ チュッ 手をつなぎ ひきよせて抱きしめ くちづけ それからラブラブ シャバダダバ シャバダダバ シャバダダバダシャバダダバ シャバダダバ ソバユバロマンス 戦場ヶ原で 愛のバードウォッチンカーブの数を
国定忠治の月 向井千秋の夢田山花袋の蒲団木枯らし紋次郎の楊枝 上州の風 吹かれているよ上州の風 感じているよ夏は間近 今宵限りの月 見上げる夜の空はなればなれの子分赤城の山の涙 上州の風 吹かれているよ上州の風 感じているよ上州の風 唇かんで上州の風 生きていくのさ旅は続く
恋の火花が飛び散る バチバチ焼ける砂浜 サザエのつぼ焼きはじけるビキニ姿に クラクラ九十九里浜駆けてゆく ここは千葉 バチバチ チバチバ バチバチ チバチババチバチ チバチババチバチ チバチバ バチバチ チバチバ恋の房総 タイマン勝負 野島崎灯台に 海女海女月の砂漠のロマンで 告白タヌキ踊るよ 證誠寺の境内君を抱いてエアポート 今夜フライ 「おまえを離さないぜ!ピーナッツのように 二人で一つさこの愛 お
長瀞 荒川沿い ライン下り激流 しぶきを上げ ライン下りマイナスイオンを胸いっぱいマイナス思考をさっぱりと 水に流せよ 観音霊場 山 奥秩父清流 つちうちキャンプ場 奥秩父アドベンチャーにはヘルメット百の穴には埋葬品 掘れば出るのさ ゼリーフライに 川越イモ鍾乳洞には カマドウマやるねさいたま ブブブブブブ 武甲山(×3)
僕は愛した 東京僕は夢見てた 東京僕は涙した 東京グッバイ グッバイ グッバイグッバイ グッバイ グッバイ 慕情 ビルの谷間慕情 雨のハイウェイ慕情 君のハイヒールグッバイ グッバイ グッバイグッバイ グッバイ グッバイ どんなに暗い闇が 君を包んでもいつかは街も人も 変わっていくよ 僕は生きてく 東京僕はしがみつく 東京僕は今夜だけ 東京グッバイ グッバイ グッバイグッバイ グッバイ グッバイ
カ カ カ カナガワケーン(×5)Woo カナガワケーン 江の島弁天 裸にドキリ展望灯台 あの娘にチュエスカー上れば 帰りは徒歩ホホラ貝 吹くかい? ナイスガイ ヨ ヨ ヨ ヨコスカジャーン(×2)チュ チュ チュ チュカ チュカガーイ(×2)カ カ カ カナガワケーンWoo カナガワケーン 足軽 芦ノ湖 足湯にドボン箱根駅伝 タスキをポンスイッチバックは三度まで登山鉄道 ガタンゴトン ゴ ゴ ゴ ゴラ 
新潟 新潟 Rainy Day新潟 新潟 Rainy Dayコシヒカリの米 食え!(食え!食え!)佐渡島の金 掘れ!(掘れ!掘れ!)こんなに君を探して 旅してきたけど鉛色の空が オレの心を閉ざすウォ ウォ ウォ ウォ ウォ! 新潟 新潟 Rainy Day 新潟 新潟 Rainy Day新潟 新潟 Rainy Day越後のズワイガニ 食え!(食え!食え!)たらい舟に乗り 漕げ!(漕げ!漕げ!)どんなに君を想って
白えびのように透き通る君の柔肌をウー 抱きしめて 二人で歩む メルヘンの街恋の病も 富山の薬のように腹痛も 頭痛にもそっと効いてください ホタルイカ光る 海の中食べる 酢みそ和えウー 捕れたてだ トロッコ電車で 黒部峡谷富山の自然 ノーベル田中さんのようにいつまでも いつまでもそっとしてあげてくださいそっとしてあげてください
言葉のない世界に迷い御陣乗太鼓だけが心に響いてる I remember せり出す崖よ!激しい波しぶき砕ける散る 能登を探しに行こうよ 君と そぼ降る雨の小高い丘に利家とまつの銅像静かに濡れていた I surrender モーゼの墓よ!海が割れるまで 愛されたことを探しに行こうよ 君と I remember せり出す崖よ!激しい波しぶき砕ける散る 能登を探しに行こうよ 君と
日本海だよ 荒くれものだよ東尋坊だよ 崖っぷちだよ冷えたお堂 かじかむ修行色即是空 永平寺僧なかなか厳しい 福井の冬さ 恐竜たちだよ 化石の山だよ鉱山跡だよ アドベンチャーだよつばめ返し 小次郎の剣一乗谷の 朝倉氏跡わくわく歴史の 福井の旅さ 春を待つ 君と僕誓いの鍵をかける 越前がにだよ せいこがにだよ茹でたかにだよ 焼いたかにだよ腕に巻いた 黄色いバンドとれたて一番 証拠の品がぞくぞく出てくる 福井
スタートダッシュから 勢いつけて走り出したのはいいけど 樹海に迷い込む Oh ミステイク酸欠状態で息も絶え絶えさ だから恋は五合目 恋は五合目恋は五合目 恋は…ゆっくり君を知りたい 君の胸の中で 巨峰が揺れるうれた桃のようさ 僕を悩ませる 風林火山のよう Oh マウンテントップ動かざること 山のごとし だから恋は五合目 恋は五合目恋は五合目 恋は…じっくり君を愛したい 樹海に迷い込む Oh ミステイク酸欠
愛することの切なさをましてや口にすることはあまりに容易い フォーリン・ラブドラマの世界じゃあるまいし 心の疎通があるのなら何も語らず抱き合って道を往き交う旅人にからかわれてみたって 構わない 愛することの証明が欲しくてつらいそんな夜はあまりに淋しい ホールド・ユア・ハンド心に風が吹き荒れて 霧にかすんだ 浅間山雪の白樺 軽井沢ソバにからめた すりわさびしっかりつかんで御柱 振り落とされぬよう ああ いっそ
お茶の香りに誘われてやって来ました静岡県君の名を呼ぶ せつない気持ちロンリーナイト チャチャチャは茶摘みユーユーユーは湯呑みゴーゴー五合目の富士登山 シブがき隊よりずっと前森の石松 スシ食いねぇパソコン検定合格したぞガッツ石松 ドキドキ 土器が発掘されたトロトロ 登呂の登呂遺跡 浜名湖はパイ 夜のお菓子のうなぎのエキス 燃え上がる恋 エスパルス ジュビロ
恋のおとずれに似た鳥がはばたく空に僕は見たよ さまよい人の虚しい旅の果てを 恋の終わりを告げるセンチメンタルNAGOYAシャチホコに願いをこめながら君のしあわせ 祈る Lie, Lie, Lie, Lie, Lie, Lie,…
茅葺き屋根に白いわた雪が積もる道行く人は白い息を吐きながら白川郷の冬は 静かに時を止め君に贈る気持ち うまく風にのれ 御嶽山を夕陽が赤く染めてゆく兵どもの夢のあとの関ヶ原ノーモアウォーの祈り フォークジャンボリー君に贈るメロディ うまく風にのれ 贈り物は 美濃の 銀世界Give you Love you 君に岐阜のギフト 君に贈る気持ち うまく風にのれ 贈り物は 飛騨の 霜降り和牛源泉 下呂のお湯は岐阜のギフト
磯笛を吹く 海女の磯着が濡れてヌレヌレだ 透けてスケスケだ海の底では アワビやエビの楽しい舞い踊り おいしい踊り焼き 天照 海を照らす夫婦岩に 陽がのぼる 黒い汁 柔らかな麺ネギ 七味 伊勢うどん 松坂牛伊勢・志摩・三重津!
びわ湖一円 びわ湖一円たぬき抜きでは語れない信楽焼のせいぞろい湖畔のロマンス忘れないでおくれよーオー 近江牛食ってね びわ湖一望 びわ湖一望観音霊場 彦根城忍者に行者に鮎あめ煮「飛び出し坊や」の多発地帯よーオー 近江牛食ってね ふな寿司茶漬けはガリバー珍味よーオー 近江牛食ってね びわ湖一円 びわ湖一円
おはよう 舞妓さんまだ夢の中 舞妓さん昨夜のお座敷はどうだい?少しは慣れてきたかい 加茂川べりを 恋人が等間隔で 座ってる今夜は帰りたくないの春の夜風に吹かれ 三年坂や三千院や 三十三間堂嵯峨野を散策する Summerおたべをおおきに 和尚さん送り火終われば Autumn遠い日の二人の思い出が茜空に染まる おはよう 舞妓さん白い息 舞妓さん雪景色 舞妓さん
流れゆく人の河 幾筋にも分かれあたたかな人の華 心に染みるメロディそぼ降る冷たい雨 過ぎ去りし日々よ切なき胸の奥で 愛しき人を想う 追いかけて かけて かけて 御堂筋抱かれて かれて かれて 天満橋受けとめて とめて とめて 北新地恋ゆれて ゆれて ゆれて 夢の中 やがて哀しくなる 結ばれないさだめあなたの面影抱いて 太陽の塔は泣く 「にいちゃん ねえちゃん よう聞きや人の道は 外れたらアカンぜったい 
明石海峡 眼下に臨み渡るぜ カモン! オクトパスイザナミ イザナギ いとなみされて開くぜ ナゾのパラダイス 焼けた鉄板 神戸牛が唸るぜジュー ジュー ジュー 異人館だ ベンの家だ回るぜ 山の手デートコース灘の一本 生一本 ロケンロール飲み干す のどごし ディープスロート 焼けた鉄板 神戸牛が唸るぜジュー ジュー ジュー 焼けた鉄板 神戸牛が捻るぜジュー ジュー ジュージュー ジュー ジュー ヘイ! ジュー 
お堂の中で 静かに微笑み甘い誘惑 揺れるまなざし国宝や重文 関係なしさオレの求める 恋する仏像 ブッツ ブッツ ブッツ ブッツ仏像の旅 待たされジラされ 諭され癒され秘仏公開 胸をときめかせ観光目的 関係なしさオレの求める 恋する仏像 ブッツ ブッツ ブッツ ブッツ仏像の旅 きっと奈良なら 奈良ならなおさら般若心経 口ずさみながら出家・在家は 関係なしさこれはもう恋 本気さ仏像 ブッツ ブッツ ブッツ ブッ