女のみち – 勝彩也

私がささげた その人に
あなただけよと すがって泣いた
うぶな私が いけないの 二度としないわ
恋なんか これが女の みちならば

ぬれたひとみに またうかぶ
捨てたあなたの 面影が
どうしてこんなに いじめるの 二度と来ないで
つらいから これが女の みちならば

暗い坂道 ひとすじに
行けば心の 灯がともる
きっとつかむわ 幸せを 二度とあかりを
けさないで これが 女の みちならば

コメントを残す