花よ風よ – 加藤登紀子

花よ花よ いつともな わずか見ゆる 美しき
こころの羽を うち振りて 遠き空へ 飛びたたん

風よ風よ いつともな 来ては去りし 面影よ
草の青に むかし 想い とどめ雨を 流すらん

空よ空よ いつともな 涙色に 染まりゆく
母の 胸を 想いきゆ 遥か永久の 時を超えて

はかなき人の世は
恋し こころ 深きもとめ
わびし こころ 古き想い

コメントを残す