黒鳥の湖 – 加藤伎乃

つま先から溢れるmusic groovy night 今宵踊り明かそう
白鳥にでもなったつもりで elegant dancer 無我夢中になれ

平々凡々暮らして過去の輝き無くし 常套句並べ
心が歪む音がしたけれど may not 私無視でイエスマンさ

怯えて卑屈になり言い訳御免
嗚呼黒く染まっていくわ 爆発間近

全部どうでも良くなる様な境地追い込まれ
ズブズブと足を引っ張られて瞬間(moment) 心ごと 溺れてしまいそう

週末恒例テレビ番組終わる頃に 絶望生まれ
現実逃避する暇もなく月が落ちて 常套句の準備

人の群れに流され 自分も流れ
嗚呼黒く染まっていくわ 崩壊間近

良かれと思い主張(opinion)しても ほらカラリ回り
呼吸も出来ぬ程に追い詰めて 直感(feeling) 心ごと 溺れてしまいそう

満月の光に照らされても
醜い黒鳥が綺麗な白鳥になんか
なれやしない 呪いも解けないわ

笑って心に蓋をしても積もり積もった怒り
ズブズブと足を引っ張られて 瞬間(moment)心ごと 体ごと

無理に無理を重ねて人格崩壊する前に
現実から逃避(escape)して 直感(feeling) 心ごと 溺れてしまうから

つま先から溢れるmusic groovy night 今宵踊り明かそう
白鳥にでもなったつもりで elegant dancer 無我夢中になれ