降り出した雪と銀色の空切なくて つたう涙 拭わず 昨日までの恋 今日からの愛キラキラと輝いて走り出そう もしもあの場所で出逢わなければふたり他人のままでいたのかな? そんなことないと微笑むあなた必ずまた巡り逢えていたよ 何気なく過ごすひとときも嬉しすぎてはにかむねぇ、とけだしそうだよ 想いあふれてゆくから たくさんの愛あなたと紡いでゆく繰り返す日常 超えたいたくさんの夢 羽ばたける様にいつまでも一緒だよ そ
問題点なんてなんもないよ大丈夫!一人で全部抱えこまなくてもいいから 境界線なんて引いて離れてないでもっと寄り添って一緒に歩いて行こうよ ねぇ こんなにそばにいるんだよ大きな荷物少し持ってあげられるから We can go!いつの時もほんのちょっと前をみて1mmだけ前進すればいいWe can go!誰もみんなきっと一人じゃないし笑い合おうよ 一秒のこの瞬間を抱いて諦めないで その先の未来を 表彰されるほど偉くなくて
切り取った澄み渡る空にあふれ出す想い溶けてゆく君だけに降り注ぐ光探して 触れあった小さなその手に巡りゆく季節(とき)を重ねてく錆(さび)ついて軋(きし)んだ翼を癒して羽ばたきたい Can you fly?Can I fly?How to fly is taught me. 飛べない翼を 抱きしめる両手 Can you fly?Can I fly?How
Now we can fly, freely fly when we try. To the sky.君と飛ぼうよ 次の未来(ステージ)背中の白い翼広げ青い空へと羽ばたけ Far away 帰り道 あの雲を自転車で追いかけていた重くなった背中からぬくもりが伝わるよ 夕暮れ染まる 茜(あか)色の空に募る想い めいっぱい描きたい Now
ベルベットの夜に 蝶とあそぼう月明かりの下で 秘密の森を探してチョコレートのかけらを ポケットにかくして私は 一人旅に出る 湿った空気は 心地よくて月明かりの下で そっとダンスを踊る漂う星達に 手を振りながら 儚い夢なら 欲しくは ないよ真実が欲しい振り向かないで 歩いて行こう月が… 笑った気がした またたく光に目が嬉しい淡いブルーの猫と ダンスを踊ろう秘密の森の迷路であそぼう淡いブルーの猫と ダンスを
見つめたまま近づいて少しななめに微笑む唇でふれあう心 やわらかさを感じればまるで初めてみたいに胸の奥 鼓動速くなる めぐりゆく時に 世界が色あせても変わらない気持ち 抱きしめ 誓いの言葉を 二人いま捧げよういつまでも続く 約束 夜空に浮かぶ 月よ 星よ出逢えた奇跡 永久に照らせ つないだ手を離さないそう決めた日の想いと眼差しはいまも変わらず 大切なきずな守るかけがえのない喜び未来への光 見つけたよ 深い悲しみに 
泣かないで snow in tears時を止めて眠れない夜にあなたを映す 白いキャンパスに遊ぶ絵の具虹色に光り溶け合うの shooting heart ときめく恋宛にshining snow 世界を届けるの I need you 太陽はやさしく殻を脱がしてくよねぇねぇ そばにきて凍えた心あたためて隠してた 砂漠の海口づけで色づいてくふくらんだ夢のつぼみを 摘み取るたび壊して はみだした snow rabbit満たされるの?裸足で
心の奥を見つめ いま 私は歌を唄うの瞳を閉じて見えるものを 伝えてゆきたいから 歩いて行く道の先夜空のような無限に 広がるのはそう みんなが灯す やわらかな光 どんな宝石も 敵わないきれいな宇宙が笑顔と一緒に輝くから微笑む星座を譲りたい 強く願うの勇気をくれたすべての人に届くように「ありがとう」と唄うよ 涙が止まらない日は そう 私は歌を唄うの小さな頃から変わらない 大切な宝物 惑う旅人を照らす闇夜のPo
煌めく流星 夜のしじまにほどけてく彼方へ伸ばした小さな手 光射すあしたへ 小指かざして そよ風が髪ゆらしてときめく二人だけの世界重ね合うぬくもり変わらない気持ち信じ合うこと 愛すこと Love is power, Shinning days.那由他の幾年生まれたこの絆をLove is power, Shinning days.永遠まで強く願えば果てしなく…… 描いた想いは 星月の雨、消えてゆく共に歩いていく道の先 光射
流れ行く空と地上を望んで舞い降りた天使 ふわりと ユビキタスの愛 あなたのほほえみ花束のように包んで やがてひと雫、伝い落ちふるえるよ さぁ そっと抱いて 月は満ちゆく愛の魔法かけて 永久にshall we go 逢いたくて痛い切ないこの胸あふれ出てくのは感情 ハッピーエンドの 未来を絵本に想いを走らせ綴れば つながるよ世界 とけだすよ夢見れば、さぁ 今夜抱いて 月は満ちゆく愛の魔法かけて すぐにshall we go
昂る闘志が震え漲るお前とまた逢えるこの日を待ち侘びていた Don’t stop Go onForward to youVersus For thename of love…! Don’t be afraid烈火の如く散らす刃がBreak out!どんなに無謀だとしても 負けたりはできない激しく止まぬ技に 食い縛りnever give
伸ばした手を はね返した 潤む瞳傷ついてる 胸の中にあるよ 答え そう 舞う花が その涙 隠すよ(う)に 触れたときに 僕の声が 夢が、愛、光、全部届いたら涙止めて 笑いながら いつか 歩き出してほしい色褪せない きれいな景色 僕が君に出来ることは何もなくてココロ強く すこやかなまま そう ずっと ぎゅっと 握り締め 引いた手は 小さな君の ふるえた その声を、闇を、想い、涙、全部忘れない「ありがとう」の言
Now we can fly, freely fly when we try. To the sky.君と飛ぼうよ 次の未来(ステージ)背中の白い翼広げ青い空へと羽ばたけ Far away 帰り道 あの雲を自転車で追いかけていた重くなった背中からぬくもりが伝わるよ 夕暮れ染まる 茜(あか)色の空に募る想い めいっぱい描きたい Now
いつも楽しげに いつも笑ってたその笑顔に癒されていた 「やっと ――― 逢えたね」君と初めて交わした言葉が昨日のようにまだこの胸に残っているのに もぅいない 桜色の柔らかな光がない溢れ出す涙はただ君だけを探してる 少しわがままで 少し強がりなその瞳が守ってくれた 心の奥で確かな絆感じていたんだどんな言葉も必要のない安らぎだったよ もぅいない 桜色の柔らかな光がない止まらない涙見たら 君はまた笑うかな 忘れない こ
目の前に広がる 波の音 そよ風 青空やさしさと微笑み この街で生まれた奇跡 歩み続けること 降り注ぐ祝福の光キラキラと輝く 道はどこまでも果て無く いつかおとなに なる日が来ても忘れない この胸の痛みずっと ひとりで悩んで うつむく日もあるけど仲間たちのはげます声 うれしくて泣きました そんな大切な 大切な宝物ひとりひとり響き合えば 泣き笑いひとつにかさなる Lovefor you. 夢は此処にあると 君が飾