僕は君の影を追いかけてたあの日よりずっと僕は二十四時の枕元で涙落とす もしも君の心のかけらを手に入れられたとすればそれ以上は望まないと‥‥ただ今でも胸に居るのはなぜでしょうか? 綺麗な君にしたためた花言葉ただ胸に抱き泣く僕は馬鹿ですか?まだ花は夢の中瞳に映る君は霞んだ空の向こう心の奥に実った蕾君に伝えられなくてひらひら重ねた心ひとつずつ包んだ小百合ひとり見つめる夜 君よ運命(さだめ)であれ 言い聞かせた
僕と一緒にゆこう。君に夢中なんだ。その瞳を閉じて。君を夜空に連れ出すよ。さぁ、飛び立とう! 近づくほど 見えなくなるね君の 瞳の中で殺す 感情僕は 気づいてるのに Your lie tells me you don’t love me!とけない魔法を 誰か消してよとざされた仮面の中 街の中で 僕だけが ずっと叫んでも 届かないよ きっといつまでも 鳴り響く コールサイン取り戻せないね 君と 君と 巡りあう記