風にふるえる 緑の草原たどる瞳かがやく 若き旅人よおききはるかな 空に鐘がなる遠いふるさとにいる 母の歌に似てやがて冬がつめたい雪をはこぶだろう君の若い足あと胸に燃える恋も 埋めて草は枯れても いのち果てるまで君よ 夢をこころに 若き旅人よ 赤い雲ゆく 夕陽の草原たどる心やさしい 若き旅人よごらんはるかな 空を鳥がゆく遠いふるさとにきく 雲の歌に似てやがて深いしじまが星をかざるだろう君のあつい想い出