ふたりを夕やみが つつむこの窓辺にあしたもすばらしい しあわせがくるだろう君のひとみは 星とかがやき恋するこの胸は 炎と燃えている大空そめてゆく 夕陽いろあせてもふたりの心は変らない いつまでも (セリフ)「しあわせだなあ僕は君といる時が一番しあわせせなんだ僕は死ぬまで君をはなさないぞいいだろう」 君はそよかぜに 髪を梳かせてやさしくこの僕の しとねにしておくれ今宵も日が昏れて 時は去りゆくともふたり