遠い夢 すてきれずに 故郷をすてた穏やかな 春の陽射しが ゆれる 小さな駅舎別離より 悲しみより 憧憬はつよく淋しさと 背中あわせの ひとりきりの 旅立ち 動き始めた 汽車の窓辺を流れてゆく 景色だけを じっと見ていたサクラ吹雪の サライの空は哀しい程 青く澄んで 胸が震えた 恋をして 恋に破れ 眠れずに過ごすアパートの 窓ガラス越し 見てた 夜空の星この街で 夢追うなら もう少し強くならなけりゃ 時