君と逢うたびに この胸が躍る運命の 出会い そうあの日から君の視線 感じるだけでハートはいつも ショートしてしまう どんな言葉なんかよりも深い深い この愛を ああ伝えるから本気なんだ 本気なんだ 抱きしめたい… 熱く 熱く 熱く燃える恋に 恋に 恋に溺れて朝が来るまで 奪い去りたい甘く 甘く 甘く君と夢に 夢に 夢に酔いたい二人の Tokyoカーニバル 街のイルミネーション 空の星よりもまぶしいよ 君の
小雨(こさめ)が冷たく ふたりを濡らす抱き寄せ歩いた ベイサイド誰よりも 愛しているわ潤んだ瞳で 囁きながらなぜ おまえは 黙って消えた空が泣いてた 霧雨波止場 夢追う邪魔には なりたくないと始発に乗ったと 聞かされたやさしさに 甘えた罰か戻りはしないと 分かっていてもまだ おまえを 探してしまう恋の抜け殻 浮かべる波止場 思い出拾って 彷徨(さまよ)う夜はブルース切ない ベイサイド今さらさ 未練な愚