ずっと一緒に走ってた ひとつのボール追いかけて飽きもせず それはしあわせな記憶で今も心の真ん中に あたたかな光を届けては新しい力をくれている 心配そうな顔をするのは もうおわりにしようまっすぐに 前向いてきっと行けるさ これからも今日の 空の下で あの日ふたり見てた未来の続きへ何も迷わずに進めばいいどんな長い道のりでもゴール目指して同じ夢を見てるんだ それは簡単ではなくて だからこそ叶えたい大切な ふた