防波堤 — 前野健太

ずっと友達でいよう なんて
たぶんそれは無理なんだろうけど
海に行って 防波堤に刻んだ
ふたりの名前まだ残ってるかな

日が暮れるまで 遊んだね
見えなくなるまでボールを追いかけて
怖いのは真っ暗な夜と
コウモリたちの黒い影だけだったよ

ずっと恋人でいよう なんて
たぶんそれは叶わないんだろうけど
海に行って 波打ち際で撮った
ふたりの写真 まだ覚えてるよ

日が暮れるまでじゃれあって
何度も何度も手をつないで
リードを離した犬が走って行く
飼い主 夕暮れの海を眺めてる

日が暮れるまでじゃれあって
何度も何度も強く抱き締めて
リードを離した犬が戻ってくる
飼い主と夕闇の海を歩いて行く

ずっと友達でいよう なんて
なんか叶いそうな気がするよ
海へ行って 防波堤に刻んだ
時の気持ちを海は見ていただろうから

波は今日もざぶんと歌う
波は今日もざぶんと歌う