ずっと待ってた ひらり恋時雨花の香り纏ってる季節きっと知ってた ふたり花吹雪桃色の気持ち飾る季節 足取りも軽くなり (肩を並べて)両手を広げた (夜空の下で)言ノ葉に宿らせて 空に咲かせ (よぉ~!) 色は匂へど散らさぬように (いぇい!)回って回って咲き誇れ (もっと!)踊り明かそう夜が明けるまで (踊らにゃ~損損!)みんなの世もきっと常なろう (いぇい!)歌って祈って笑いましょう (もっと!)浅き夢見て (いま) 笑