かなしい恋ほど 涙が出ないあなたの背中だけ いつも見てたの旅立つ朝には 空が泣いたよ最後に借りた傘 二度と返せない愛の終わりに 想い出だけ連れてゆくソウルの雨に 微笑んで一人ぼっち グッバイ どれだけ待っても あなたは来ない指輪のイニシャルを なぞるだけなの木槿(むくげ)の花なら 朝に笑うよせつない夜の闇 二度と見たくないだけど、あなたは 本当はいい人なんて強がるあたし もう止めて昨日までに グッバ
釜山発の船に乗りあなたから旅立つ夜握りしめた 部屋の鍵暗い波間に捨てた 街の灯りが ゆらゆら遠くにあなたの愛が 手をふるように アンニョン “さよなら”は言えないままにそっと消えてゆく さがさないでアンニョン あの人とは 幸せにどうか 暮らしてほしい 帰る人も 往く人も微笑みを交わすデッキで一人旅か? 訊ねられふいに 涙あふれた 別れるために出逢ったんじゃない別れるために愛したいんじゃない アンニョン “さ
グラス空けた あなたのため息聞こえないふりしてたわ優しさだけ いつも欲しがって愛し方も 癒し方も 知らなかった ポトスはときどき お水をあげてね夜更けの食事は 控えて ミアネヨ ごめんなさいもう届かない想いあの日 素直に そう、言えばよかった… 二つ からだ 重ね合うたびに愛はなぜ 遠くなるの?微笑んでも やるせない瞳その涙に その痛みに 気づかなくて 私には過ぎた人だった、あなたもっといい人
もう昔の恋なのにねぇ… 昨日のようなひとこんなに吐息が近い いたずらな偶然 kiss ふと交わした後でそう… 想い出すあの頃からめた指で埋める 時の隙間を ただ、あなたの幸せ ただ、壊さぬよう「今は、ひとり」と 言えず微笑むだけ この運命の糸が まだ切れないならもいちど信じたい 二人 永遠(とわ)の愛 ただ、あなたの幸せ ただ、壊さぬようそっと あなたに そよぐ風になろう この運命の果て
月の綺麗な慶州(キョンジュ) 港にぎわう釜山(プサン)夢見心地で二人 ただ旅して…約束だった済州島(チェジュド) あなたは来なかったみかんの丘 そぞろ 泣いて歩く追いかけてはいけない人だと知ったどんなに愛しても 届かない愛だとケンチャナ ケンチャナ 私なら、大丈夫想い出抱きしめて 明日きっと 笑うから 城壁つづく水原(スウォン) 焼物めぐる利川(イチョン)出逢った頃は二人 ただ純愛
裾を乱して 二の腕出してあんたとふたり 太鼓打つ息を整え 心を据えてドンドコドンドン ドンドコドン相愛太鼓 晴れ晴れと男よりも 女の方とからだの芯から 燃えるよ燃える 届け天まで 炎となって祭りの華だよ みだれ打ち打てばかえして 合いの手うれしドンドコドンドン ドンドコドン揺さぶる 攻める 突き放す男ならば 女の心まっすぐしとめて ごらんよあんた 他人(ひと)の前では つれないひとが憩(やす)んでいろ
風が泣きます 波が泣きますひとり私も 泣いてます竜飛岬は 風の海胸の日記は 閉じたのに消えぬおもかげ あの笑顔さようなら すきでした風の海峡 とまどいながら つまづきながらふたり夢みた 東京で書いて消しては 信じてた愛のページの 二年半白くポツンと 凍て鶴が渡れずに 鳴いている風の海峡 岬回れば 風もやわらぎ遠くかすかに 光る春あなた切ります この髪を恋し一筋 黒髪を変えて翼に 生きてゆくありがとう 
十五で外(ぐ)れた お前の旅を今日で終れよ この胸でお前の涙 俺にくれ 俺にくれ夢二の歌に 出てくるような細いうなじを 傾けて俺とくぐろう 長いトンネル お前が泣けば おいらが笑う二人三脚 そろい踏み残りの春を 俺にくれ 俺にくれ汚さぬことが 曲げないことがバカというなら バカになれついておいでよ 長いトンネル 灯りが消えて 心が見えるいつか二人の 朝が来るお前の明日を 俺にくれ 俺にくれ七つを捨てて
笑う恵比寿に 来て吉祥寺かけるコールは六本木空に流れる 星の数より流す電波の多い町ナオミ 昨日は お茶しただけとかカズエ 夜明けに 別れたとはしゃぎながら 話す輪の仲間になれず 戸惑うばかりよ あたし 夢だけは 捨てたくないの純な生き方は 流行らないけど笑う恵比寿に 来て吉祥寺かけるコールは六本木東京、宵町草。 最初新宿 三度目は三軒茶屋こんど行こうか池袋
めぐり逢うため生まれたとさびしい瞳に感じたのだけどあなたは夢を追うのね「ごめんね」なんて 背中を見せた西新宿で逢ったひと待っていますと 待っていますと 言えなくて 果てない旅の途中なら重荷になるでしょ 身を引くわ一度でいいの 名前で呼んでそれを頼りに生きていくから見上げる星が揺れてます待っていますと 待っていますと 言えなくて 悲しい恋をくりかえすキライになれたら楽なのに幸せ はじめて 教えてくれたあ
人 みんな コップの中の 水 氷溶けて 混ざれば みな同じ 夢は 明日の 心の約束生きてりゃいいさ 友達さ きりぎりす 東京きりぎりす心 落ち葉の人の背にきりぎりす 東京きりぎりす歌っておくれよ いつまでも 人生は 砂糖で包む ぶどう粒甘く 酸っぱい ものなのさ 恋は 淋しい心がするものさ涙もあるさ 水色さ きりぎりす 東京きりぎりす風も 冷たいこの街にきりぎりす 東京きりぎりす歌っておくれよ 青い空 きりぎ
よどんだ涙を 川に流してさらさらになって 生きよう誰かを恨んだ 弱い心をさらさらに変えて 生きよう流れてゆくよ 人も川も愛しさも 哀しみも流れゆくのが さだめならそうだよ さらさらがいいね 哀しい夜には 空を見上げてきらきらの星に なろうよつまらぬ事など みんな忘れてきらきらの星に なろうよ泣いてもいいさ つらい時はこの夜が 明けるまで星になるまで 夢をみてそうだよ きらきらでいよう 流れてゆくよ 人
うち寂しかったんよ愛しても 愛されずビルの街 ネオンの街は涙を隠せる 場所もないのね うさぎ うさぎ 鳴きうさぎ歳の離れた 男のひとと跳んで 跳んで 鳴きうさぎ恋に破れて 泣きをみたウーウーウー… でも歓しかったんよ人目には 愚かでも愚かほど 純情なんよ一番幸わせ 生きてたうちで うさぎ うさぎ
プサンバル ヨゲクソン ナエ モムル シルコホンジャ クデルル トナカヌン パメトゥリソ チゴットン ク チュオゲ サジンチャガウン パダエ タ ポリョンネ ヌンムリ オルンゴリョ アムゴット ポイジアナウリガ ハムケ ヘットン プサンハンイ モロジネ アンニョン ク ハンマディ ジョッチャモッタゴ イデロモルレ トナガヌン ナルルチャッチ マラヨアンニョン ク サラムグヮ ハムケ ヘンボカギルル…サ
つばき咲く春なのに あなたは帰らないたたずむ釜山港(プサンハン)に 涙の雨が降るあついその胸に 顔うずめてもいちど幸せ 咬みしめたいのよトラワヨ プサンハンへ逢いたい………あなた! コッピヌン ドンベクソメ ボミ ワッコンマンヒョンジェ トナン プサンハンエ カルメギマン スルピウネオリョクド ドラガヌン ヨンラクソンマダモンメオ プロバド テダボンヌン ネ ヒョンジェヨトラワヨ プサンハンエ クリ