振り向かないで 走り続けよう Sunshine day擦りむいた痛みに 負けられない Adventure立ち向かおう 恐れることはない My future乾いたノドに うるおいをくれる Your smile 心の奥に住んでる 弱虫な自分に別れ告げ またひとつ 強くなれるはずさ 今こそ 飛び立つ 勇気を もって心の羽広げて まだ見ぬ未来へ今から 果てしない 宇宙へ 向かってまだ始まったばかりさ 夢への冒険la
星に願いを 風にプライドのせた時今日が消せない 明日が見えるよ きっとね… I wishどうしてここにいるの教えて下さい 今すぐ見えるものが すべてじゃないのね 寒さにふるえるから 腕通すジャケットいつの間にか透き通っていって希望になってく 未来の雨が 頬を濡らせば思い出す熱くなれ あの日 あの時 星に願いを 風にプライドのせた時今日が消せない 明日が見えるよ きっとね… I wishスイッチONにしたら恋する
鳥よりはやく目覚めたその頬染める朝焼けほら時間だよ沈んだ水に映した少女はあの日そっと出ていったから今は捜さないできのうは まだ見えなかったものきのうと 違う何かをするために 夜中(よるじゅう)かけてつくった葉先のまるい朝露すぐ消えたよね同じ景色なんども見たのに同じ気持ち重ねないのは旅がはじまるからだれかが 破りすてた手紙はだれかを 救える大切な地図 ドアをたたく音が止まない決めたんだね はじまりの日 長
遠くで降りだした雨だれかが濡れながら そっと震える山を抜けて 雲をたしかめ風にふれて 星と出会ったそして旅は続いてるso the Beautiful Worldボクらは行く ちいさな声so the Beautiful World聞こえるから 世界を走る いくつもやり過ごす夜何処かで同じ月 見る人想う森に迷い 空に寄り添う国を訪ね 人と行き交いそして旅は終わらないso the Beautiful World何処から来た
きらきらしてる気分はお日様なの葉っぱのしずくさらりまつ毛に受けて 今 広がるスクリーン君と一緒だねさぁ どこまでも続く砂浜 faraway抱きしめて 飛んで 真昼の星 長い髪散りばめてまぶしさのkiss 静かに下さい魔法がとける時 恋人になれるかもだけど今は君の 夢の中にいるだけ 車にほらぶつかる心配だわ意識がフワリ飛べばいつでも逢える なぜ心と体は離れられないの?その質問は素敵君へと wink &
青空を渡る雲 カタチ変えるようになんにでもなれる今 大切にしよう 腕を伸ばし二人きり あの日撮った写真は少しぶれてるけど 眩しい顔してる Ah 思いつきでいれた あの頃悩む前に新しい夢に出会えたね 青空を渡る雲 カタチ変えるようになんにでもなれること そっと信じよう前髪を掻き上げて 遠く夢を見よう焦らずに描こうよ 自分の明日を 置いてきぼり感じてる ふいに人の話に自分らしくなれる 居場所ってあるのかな Ah 何
What will be see in you C.P? in your broken heart?繰り返す声 “Don’t worry, Why
エンジンオイルがヒートして スクランブルでトラブル・ダウンラジオはノイズだらけで 犬は吠えたてる歯車はずれた 夜が転げだしたよ ダメになりそうさ Crazy night 誰かに笑いかけてる 君を追いかけてききわけのない Heart is so jealous 街をさまようよ見知らぬ背中が 君を抱き止めている突然すぎるよ Helpless night ひび割れた空に 天使が堕ちてく Fallin’ downさげす
くすぐったい未来が どんなに輝いたって思いきり深呼吸 負けない明日がある I feel my pain 見上げた空に流れ星涙がひとすじ こぼれた キミなら大丈夫と 背中に触れた右手最後までたくましい 笑顔は素敵だった Still, love you 灯した明かりが揺れてるCandle light Candle heart 踏みだせる勇気が 一番大切なこと教えてくれたのは そうよ きっと あなた夢見ることの強さは いつだって自
ひとりぼっちの 心の影に身をゆだね目を閉じて 指先震わせてる君がいなくちゃ 不安と心細さで立ち止まっていた 大地を駆け抜ける 風の様に心が叫んでた時もたった一度の進む道永遠の真実求めて 抱きしめて信じてる 遠く続く道はるか彼方の未来(あした)へといつの日か また会えるよね一緒に歩いてゆきたい約束なんていらないから今は何も言わずに 星に願いを伝えたい いつも思い出す 懐かしいあのメロディー口ずさんだ 乾い
鈴の音に聞こえた さえずり自分流 朝じたくはたったの10秒! 顔を洗うのは夜にしよう雨降りの確立を 上げないために! 「おはよう」の挨拶!あの子にだけ おまけの“ウィンク”! パピラピッテッタパピテ!あしたの風よふけ!早くつれてって雲のむこうパピラピッテッタパピテ!宝の地図さがしに遠くまで歩こう!とっておきの暗号持って 足もと跳ね回る 日差しは僕の影つくって 追いかけてくる アンテナ ピピピッと反応!スピー
陽が昇るたび 生まれ変われるそんな自分を 探しに行こうよ 友達とケンカした時母に叱られた時さえもあの頃 ここでこうしてたこの場所がただ 大好きだった あの時も風が光を連れてきて木々を渡っていたこぶしを握りしめながら空を見上げていた 箱庭のような 街並の中低く飛ぶ鳥が雲を 突き抜ける 陽が昇るたび 生まれ変われるそんな自分を 探しに行こうよ蒼い季節に 心ふるわせどろんこだらけの道でも歩けるよ 丘の上のジェット