恋未遂 – 前川清

ねぇ心が忘れない
そう あのときの夜明けを
指さえもふれない
あなた憎みながら
吸い殻を数えて
悲しい気持ちに濡れた

恋未遂の傷あとだけ
この胸に残したまま
時が過ぎて 色あせても
まだ夢を見てる

だってまた逢いたい
信じているから
想い出の街を
離れられないの

ねぇ許してくれますか
そう 急ぎすぎた愛を
せめて一夜でもいい
抱いてくれと泣いた
この腕をほどいて
あなたは背中を向けた

恋未遂の赤い炎
幻にはできなくて
いつかあなた 想うだけが
生きがいになるの

だってまた逢えるわ
運命の糸に
もしかしてふたり
結ばれてるなら

だってまた逢いたい
信じているから
想い出の街を
離れられないの

だってまた逢いたい
信じているから
想い出の街を
離れられないの

コメントを残す