365日 歩いてく365色 鮮やかに どんなチュートリアルを見たって自分のリアルはない曇り空の下でため息をこらえてる 昨日の成功も今日のヘマも欠けてても多くてもこれが自分だから 世界の何処にもきっと同じ1日はない本当はもう分かってる人も心も場所も1秒ごとに流れてるさあ描き出せ365色 明日は明日の色になる弱気な風をはらって本気だけを誓えたら 心は晴れ そんな上手くいくはずないって言い訳をまたひとつ誰よりも
Looking for your Love Looking for your HappinessLooking for your Love Looking for your Happiness(Yeah!) そして雨上がりの空 太陽が顔出した七色に輝いてる大通りは花の街走る君を見た 水たまりを飛び越えて頑張ってるその姿 隣で応援させてね (Wow)なんだか無性に(Wow)君と話したいよ僕らのね未来とかワクワクを さあ君の愛を(
時を告げる鐘は心を分(わ)かつ子午線(しごせん)絡まる運命の罠癒えない傷の意味 ただひとり抱えて来た痛みをたとえ一瞬だけでもいいもしもいつか抱きしめられるとしたならその時風は未来(さき)へと吹く 何一つ色のない夢から抜け出す鍵はその眼君だけ見える 彷徨(さまよ)う闇の中見失わないように祈りよりも強くただ呼びかける君へ寄りそう影を抱(だ)き涙に触れないようにその記憶解き明かせたらもう離さない Lost Th
飾り立てた 理想はもう錆び付いていた答えのない現実にさらされて彷徨ってた 捨てられたら 壊せたなら楽になるかな?応えのない問い掛けをいつまでも繰り返した この手で何を探して 掴んで 手放してその度 傷ついても 何度だって手を伸ばすよ 限りある世界だって曖昧な未来だって消せない 消せない 消せない光がここにあって 立ち尽くした日だって涙したあの日だって信じ続けてきたろ自分自身を照らせ In My Light 上辺ば
大好きだ 大好きだ 大好きだよいつか君に伝えようOh Oh Oh Oh OhOh Oh Oh Oh Oh 君の好きなところ探してみよう喧嘩して ふくれたまん丸い顔たくさん笑うし たくさん怒る時々見せる涙も 好きだよ 平気さYou&I(君の手を掴んだ)理由(わけ)など無いけど(恋がはじけ飛んだ)そろそろ日が落ちて 君を待つ 大好きだ 大好きだ 大好きだよ心に一つ花を咲かそう大好きだ 大好きだ 大好きだっていつか
Let’s get on, Let’s get on the night oh oh oh oh oh oh Girl 窓の外は星屑の街 もうタワーの灯りも消える頃さDance 忘れられない過去を巡らし Ride on,
「…どういうつもりだ?」「…よしつねこうをいじめないで!」「今剣!」 ぼくは まもりがたなよしつねこうを まもるのが やくわりだから おねがい 「今剣!」「こないで!」 おぼえているんだ あたたかいてのひらをおぼえているんだ あたたかいあのかたの…あのかたの… 歴史を守るのが 使命「…いやだ。」それが我らの 使命「いやだよ…。」 「…今剣…そこを退くんだ。」「…いわとおし。」「どけーーー!」 いやだよ…せっか
教えて欲しいひとり見上げる空が 滲んだ理由(わけ)を出会わなければこんな気持ち 分からなかったのに いつも一緒に居たはずだったあの温もりが忘れられない キミに会いたくて でも会えなくて走り出す 黄昏 桜舞うどんなにキミを追いかけてもどこまでも遠ざかる影 教えて欲しいキミの瞳の奥が 潤んだ理由(わけ)を出会わなければこんな痛み 分からなかったのに キミの横顔 夕陽が染めるその輝きに 永久(とわ)の意味知る キ
時をこえて 記憶の中 遥か遠く 輝く星 鮮やかな日々 動き出す今 夢の形を 追いかけたいんだ誰も知らない 雲の向こうへ 駆け出してこう いつまで 届かない 理想に追われ自分に 偽り 続けるのだろうあきらめそうに なるときも まだ負けないで まなざしが まぶしいのは 君の想いが強いから少しだけ 少しだけ 取り戻せるとしたならとめないで もうとめないで 追いかけても探せないもう一度 逢えるのなら 決して も
いざ走れ 時空を超えて歪んだ歴史切り裂け失くした過去と今、未来取り戻せよ 漢(おとこ)の誇りにかけて 広がる世界は 戦乱の地雄叫(おたけ)び上げて 進めよ 進めよ 進め! 「さあ、出陣だ!」 失うことなど 恐れない風が逆巻いても 大地割れるともこの身ひとつだけを 道連れにして敵を蹴散らせ 火花を散らせ屍を越えてゆけ その先にはきっとある 俺たちの 勝利の旗 打ちおろせ 力の限り己の弱さ斬り裂け駆け抜けろ 
暗い闇に抱きしめられたような黒い影が憎しみの牙をむく紅い炎すべてを焼き尽くして憐れ 人はいつしか時の狭間 終わることなどない 戦いの彼方時の流れ逆らう舟 せめて君のため祈ろう 戦うモノの鎮魂歌(−レクイエム−)孤独も今は味方 運命(さだめ)を信じて命の意味を知らず 憎しみすら知らなくても刃(やいば)研ぎその日待つ 戦うモノたち 鎮魂歌(−レクイエム−) 青い空に嘆きの雲が流れ鈍色(にびいろ)の穢(けが)
描いていた未来へ 僕らは行(ゆ)くんだWow oh 光の速さで 時代は進んでゆくよ行き先なんて 予想もつかなくてすれ違う瞬間に 誰かが口ずさんだメロディーはどこか 懐かしい音で 春の花 夏の風僕らは生まれてきた秋の匂い 冬の空今すぐ扉を開けよう 描いていた未来へ 僕らは行(ゆ)くんだそれぞれの愛を それぞれの思いをこの手に抱きながら答えなんていらないさ 僕らは自由だ悩んだっていいさ 転んだっていいさ声の限
刀剣乱舞 強く強く 鍛えし鋼 今 解き放つとき刀剣乱舞 高く高く 誇り 胸に抱(いだ)きてこの身 朽ち果てるとも 美しきその刃 月夜斬り裂き金色の野生 踊ればほら 雷鳴轟く 猛り立つ高貴(たか)きもの 岩をも砕き撃ち込むは 怒り祈り本能か 一振りの風 この刹那 守るために水辺に咲いた 深紅の薔薇よ 刀剣乱舞 熱く熱く この身を焦がし 今 駆け抜けてく刀剣乱舞 永久(とわ)に永久(とわ)に 主命 胸に抱(い
いたずらに過ぎる時間は要らない Wow… 耳を刺す 無情に響く声君の肩は breaking, break down鏡のようなその表情に思わず空を仰いでる 一体今日まで何のために?答えはもう出したはずだ鍛えきれない心でもいい 何度だって 今立ち上がれば心は負けないまだ全てが終わったわけじゃない明日の分岐点に今僕らはいる一秒あれば充分だからその気になって 今すぐに顔をあげて 力こめてここでいたずらに過ぎる時間は要
I have a dream To dream is equalI have the faith to make it
春になれば 想い出すキミとあの日 話した事いつまでもずっと 面影がずっとあの日のまま 止まっているのかも 別々の道 歩いてく時戻る言葉も かけられなくて胸の奥 焦がしてるLove Story 夢を追う キミの横顔が何故か淋しげに 写ったよいつだって キミの事想い出す yeah空を見続ける 長い夜そっと交わした あの約束をあの星に まだキミを 想ってる夢の中でも 当たり前と 思ってたいつも傍で 笑ってると変わ
君だけ 守るよ ありったけの 優しさで世界中 探して やっと見つけたんだ大袈裟 だって 君は 笑うけど僕に 今できる 全てさ 咲きほこる 花びらが 心に 舞い降りる頃には君の キレイな 笑顔 考えてしまうから! You’re my destiny! 突然すぎる出会いから(It’s)time to fly again! 運命感じてたはずさ yeah!輝く未来はすぐそこに 目の前にあるでしょ
浮世に蔓延る 悪を討伐すべし今この乱世に 舞い降り馳せ参ず 光る刃に 映るは 妖艶な儚く舞う 綺麗な蝶弱き者を 守る為に戦うのさ 研いだ剣先で狂わせて そう 躰が痺れる程に濡れた眼差しで突き刺して 天下は譲れぬ漢道 手繰り寄せた糸が 紡ぐ合縁奇縁醜い嫉妬を 切り裂いて 咲き乱れるのが漢道天下は譲れぬ漢道 縁(えにし)が繋いだ 数千の星屑が今この悪世に ぶつかり一つになる揺れる刀に 宿るは 亡き友の蒼き炎 
「心配しないでね、私は大丈夫だから。」そんなことばかりいつも言わせてしまった不自然なくらいにまたまばたきをしてるキミ嘘をつくときのくせ分かってるつもりさ 今になって思い返してみれば僕はどんな風にキミのこと愛していたんだろう 止めどなくずっと止めどなくずっと溢れてくる想いは行く宛てなどないことを僕は知っているのにいつまでもずっといつまでもずっとキミの側にいたかったもうすぐ明日の空が見えてくる 「ねぇ大好き
Break in the Break in the World…Show me the Show me the World… 過ごしてきたこの時間も大事なメモリー懐かしさに変わるその香りその温もりさえあの日見てた夢の続き目を閉じフラッシュバック込み上げる感情堪えて投げ捨てるその勇気 Keep on