人影のない 静かな駅に愛する気持ちを 置いてゆく各駅停まりの 電車に揺られてあなたを 忘れるの別れの朝に 微笑み合えば明日も会えそな 気がするよ背中をあわせた 別れのホームに電車が 滑り込む 恋の終着駅に 秋風巡るさよなら さよなら 愛してる (愛しているよ)忘れることなど 出来ないわ (このまま…)時が過ぎ (愛が) 思い出に (変わる)その日が 来るまでは 別れの理由(わけ)が 季節に溶けて今でも