例えばたった 3分で何かを成さなきゃならないそういう時ほど最後は上手くいくって信じてる 出来ないなんて弱音を吐いてしまうような展開じゃきっと心は熱くならない ああ、そうさ!決まってるんだよ、どんな絶望でも希望が光に変わったなら恐れることなんて何ひとつもないこと気づかせてくれた物語いつだって胸の鼓動のタイマー鳴らしてる確かなセオリー 退屈さえ覚えてたステレオタイプの時間を劈くような咆哮に心が騒ぎ出したんだ 色