直射日光と 輝いてくストーリーを炭酸水越しに 眺めては目逸らしていた 期待と不安が 交錯する水平線「大丈夫だ!」って ただ笑いたいだけなんだ なんだなんで?待って! 難しいハナシ 少し苦手なんだけど気づいてみれば 難しい顔をしながら 不器用すぎた 入道雲から伸びた逆境のフラッグを どうにかしたいと思った 日常 振りかぶってスタートラインに立つ夏を確信してんだ 少しは見えんのかなその後ろ姿 再生も快晴もそう止まん