私を大事に するよって云ったあなたが涙に揺れた風が吹く道 雨の道おぶってやるよと肩を抱く人生これからいつまでも頬を寄せます 甘えます 青空みたいな 幸せに胸の中まで 暖められる花が咲く道 香る道並んで歩いて行けるのね人生これから 明日の川山を越えます 離れずに この手をつねって見たいほど信じられないこころの軽さ星が夜空を 飾る道想い出積みたい重ねたい人生これから 二人して旅を仲良く 続けます
あなたの背中に さよならが書いてあるから うつむくだけよ遠くなるのね もう二度と逢う日がなくなる 浮雲ね私もあてなく 旅へ出てどこかで泣きたい 泣いてたい この手を振れない どうしても風よ想い出 抱かせて欲しい生きてきた日と 生きてゆく姿を変えてく 浮雲ねあなたをどれだけ 愛したかそれだけ泣きたい 泣いてたい 別れて行っても 少しでもおもいだしてよ