気づけばこんなにも遠くの場所まで歩いてきた自分の敵は自分いつだって超えていきたいよ(一つの角度で 尺度決めないで 進む道はそう)ひとつじゃない 決めつけない(重ねた時間の分だけ ON & ON)まだ見ぬ未来へ転んでも STAND UP!走り抜けるその先に 何が待つのだろうSPEED UP!ここでは終われない まだ道は続く人は口を揃えてなにかに当てはめたがるけれど変わること恐れないで履き慣れた靴を脱
通い慣れた路(みち)キャンパスの笑い声呆(あき)れるくらいにふざけあった日々は心に刻まれた青春の証明(あかし)さこの絆ずっと続くと信じて本当は淋しくて泣きそうだ“サヨナラは始まり”というけど今は 戻りたくてだからもっと ありのままAll Rightセーノ de JUMP するよ未来の自分めがけ High Touch するのさバカになって はしゃいだ仲間へ最高の時間(とき)をサンキュー過ごした思い出
そんな目をしないでよ 不意に奪われるからAh もぅアァ 君に なにもかもが夢中さ閉じ込めてしまいたいくらい 潤んだその瞳さえ今、そう今 グッと近くなる Shiny Shiny幾重にもかさなった 不安な気持ちさえも消し飛ばしてくれる 舞い降りた天使 幸せに導くから君のHappy Birthday 心からの 「ありがとう」を贈るよ1年で一番のオメデトウ! 君に届けたくてJust Happy Birthday
旅立ちの朝 ふと思い立って出逢った場所で 大切な歌を 口ずさんでいた辛いときも 幸せなときも一緒に泣いたり笑ったりいろいろな日々を過ごしていたよねもしもくじけそうになった時は僕の笑顔 君の心にとどけにいくからずっと信じようよお互い夢 つかむ未来を次に出逢うとき 笑って逢えることどんな辛い明日が君を待ち受けてたとしても乗り越えてきた自分信じて 前へ熱い 想い 今すぐ 未来へ 伝えて行こうずっと信じよ
自分らしさの焦燥 本音の迷走もっと自由に感じて誰かの前だとつい格好つけてしまってかけ離れてく自分に嫌気がさしたりさらけ出すタイミング難しくなるならありのまま最初からぶつかってみたい踏み出す一歩はいつだって答を知らないぶん 大胆にもなれる自分らしさってなんだ? 本音ってなんだ?もっと自由に感じて目指した今日は予想以上に ちゃんと進めてるんだ自分の意志で選んだから 前を向いていられる不器用だって足りな
あの日あの場所で君と 出逢ってなかったとしたら僕ら今頃 なにをしてたんだろうかポケットに詰めこんでた 君の小さな手と手そっと握れば 冬の寒さ溶けてく近すぎて見えない気持ち すれ違うたびに言葉じゃ足りないものを 態度で伝えたくてもしも僕が世界一 カッコ悪いとこ見せても迷わず大好き!っていう 君をはなさない いつまでもひとりで大丈夫なんて 言われてもそうはいかないよ僕の使命を 勝手に決めたりしてる憧れ
重ねた光が 照らし続く道過ごした時間が 霞んで見えずに彷徨う静寂に 探したぬくもり明日に 描いた「キミヲモフ」たとえば遠く 離れていても凍えた夜も そばにいるよ伝う言葉に 偽りなどないといつの時でも 誓うから幾つの季節に 愛を重ねては過ぎゆく景色に 涙を重ねた心のどこかで 探していたのはあの日 描いた「キミヲモフ」やさしい光が 届く夜に「さよなら」がまだ 胸に響くいつかはきっと 笑顔になれると明日
今何時だっけ 君に聞く “3時ちょっと前” 君が答える散々迷ってこれに決めた いちごのガムに赤いキャンディーうだるような暑さでも 待ちぼうけも悪くはないガードレールに腰掛けながら 飲み込むガムに赤いソーダこのまま来なくてもいい どうだって いいそんな気持ちだったよ 君はどうだろう僕らいつも空虚だった 遅れても気にしないだろこの天気も夏のニュースも ずっと向こうにあった今何時だっけ 君に聞く “3時
興味ないさ きっとこの世界はつまらない 先入観でそう大体 カテゴライズして良くも悪くも 右にならって bye bye byeどうしようも、打つ手もないなら頭をからっぽでso crazy & dreamyな コチラにおいでよシガラミからbye bye bye手と手を叩いてほらpan pan pan pa pan pa
どうにもならない気配が町中を埋め尽くしてるなんて夢のない箱庭の中誰もが無関係な世界肩をぶつけて涙したもっとあるがままに生きるべきだ本当の自分を手にするのさwake up!!遠慮なんかしなくて良い新しい爪と牙を見せてやる明日へ挑む僕らはいつも待ち焦がれて失って気づいてゆくそして生まれ変わる何もかも射抜く視線にひび割れはじめる情景今日はいつもと違う顔をして抑えきれない感覚と次々溢れるアイデアずっと昔か
もはや説明不要の夢描き憧れのままじゃいられず走り出したキミのため歌おう空を流れる幾千の星が ターゲットを狙って瞬く…そんな今を行け!!悲鳴と歓喜の中震える心(コラソン) 誇り胸に刻むチャレンジャー表裏一体 勝者?敗者?うらなうコインは 悪戯のようにキラリと光るさあ時代を作るために そう奇跡だけを起こすために向かい風を駆け抜けろ 答えはもう目の前だろうずっと願った栄光への距離が遠くてもブレやしなかっ
snow snow flake 落ちてきた瞬間every everyone あふれだすjoyful君も笑う ただそれだけでIm happy with just thatsnow snow flake 瞬(まばた)きさえもforget forget
踊りたいのさ朝までCrazy Love今夜君とだけCrazy Loveもう止められないCrazy Loveこんな形の愛を確かめよう今夜はフライデーナイトはじけたいその唇目指して今夜はフライデーナイトはじけたいその髪に絡まって誰にも秘密で 大人の恋に落ちよう明日も 忘れて君のレコードに針を落とすだけ踊りたいのさ朝までCrazy Love今夜君とだけCrazy Loveもう止められないCrazy Love
長い時間(とき)の中で過去(いま)へと瞬間(いま)を重ねる出逢いそして別れ何度も手にし現在(ここ)まで来たけれども何か落ち消える そのたび胸の奥が裂ける甘くそっと守り続けたいと両手で想い出をすくい あげた 落とさぬようにでも、気がついたときには音も立てずすべて涙の水面(みなも)揺らし沈んだ痛い想い出こそ忘れちゃいけない忘れちゃいつかありのままを受け止められるその日が来たのならば胸に渦巻いた この闇
移り変わる情景に溶け込むように想いを焼き付けてくれるふとした瞬間溢れる懐かしさはいつも帰り道 歩幅に合わせて 君がくれたものLalalala…感じるままに今ここで解き放てば自然と揺れる身体が僕のことを目覚めさせてくれる気がついたら いつだって すぐ隣りで優しく流れ続けているどうしようもない淋しさにふさがれても耳を澄ましたら そっと手をのばして救い出してくれる魔法のように…Lalalala…Lets
悪くない 悪くない いや、決して 悪くないが 何か足りないんだあと少し あと少しって言うそのあと少しが 何か知りたいんだ不貞腐れてたって ダレてたって 意味がないってのはわかってるから買ったばかりのランニングシューズ突っ掛けていつものランニングコースへおもむろにアスファルトを蹴れば 足の裏に刺激的なFeeling季節の風が頬を撫でれば 消えてゆく否定的なFeelingこんなことくらいでアガれるなん
憧れるものに 揺さぶられていく新しい風は 終わりなく誘ううつり気なんじゃないかんがえてたんだこれからきみを 連れてゆける場所wowあまくて もどかしい感情wow先へと急がせる感動限界というかたちに切り取られてた世界をこの手で破る 向こう側出逢うものを知りたい何も変わらないでいたら景色はゆっくり過去のほうへ流れてしまう前へ進むのは 愛するにつながる結果をだすのは 自分に誓った約束僕を呼んでいる場所に
Go to “FRONTIER”もう止められやしないさ、新しい衝動Come up “HEART BEAT”Knockin on the doorはCount Downさ、わかってるんじゃないかい?Join us “TUTTI”こうやって始まってくんだ、I gonna make
人はみな 嘘をつくの?“あなたの為に”と 愛を売ってそう 何気ないひとこと僕は一応、覚えているよ昨日の夕焼けも そうでしょ同じもの見ていた はずでしょもう 何が綺麗かなんてごめんね 少しわからなくて誰より 素晴らしい君との 未来を ずっと眺めて…この手で 触れたいものこの目で 見ていたいものぼやけてしまってゆく その度にわからないの 君は何を見ているの春を急いでいたつぼみをそっと知らず撫でてくれる
冷たい朝焼けにさらわれた5時半の街灯の下呟くのさ 君の名前をいらだっていた 自分のために眠れない夜は探しにゆくんだ見付からない心の置き場所流星の群れ 追いかけ道も知らずに 走り出した君がいないと 僕はそんなに強くない泣き言も言うよ何もしないでそこにいてくれるだけで傷も癒えるんだ数えきれない星を眺めてたら今夜はひつじも数えられないつかめそうさ 一番星も間違ってなんかないんじゃないかなぁ…風もないのに
あぁ~ もうどうしたらいいっていうのよ自問自答でまた空回る脳みそどうしようもない見栄や嘘、妙に奇麗なまやかし素直に言葉にできればそれが一番いいのかい?ってやめた、やめた!それじゃ、だめだ!これは僕の、僕で、俺だ!ってな態度でいいっしょ?理由なんていらないっしょ“Show me what is the Originality...”あぁんもう どうしたらいいっていうのよいつもみたいに歌ってみたらほら
気取るなマンネリ 語れホンネで ルールなんてねぇこのセッション (このセッション)フルテンション (“Full10 show”)試されてるんだ 夢中の向こうの本能胸騒ぎ上回ったPartyにしようぜ 戯れHeart Beatなんだ不安を忘れ 音鳴らすエモーションだれかれのリズムと重ねあっていけばWave 色とりどりのWonder悲しい声でも聴こえるが 偽りならば響きゃしない突き抜けてみな 曖昧なこの
街に響くmelody 心酔わす狂詩曲(ラプソディー)始まりの予感に高鳴ってゆく鼓動空から舞い降りた 幾千の星屑何が起こるかなんて 誰もわからないI wish you ずっと Dream for you 届け Love for you 響けどうか 大切な この願いが その想いが 叶うようにEverybody Lets enjoy a Paradise今宵はPrecious Night弾ける きらめ
君が好きだったアジサイ 鮮やかな色を塗ろう光り輝く水滴 眩しくて目を閉じた雨上がりのこの街がまた 季節を進めて行く通り過ぎる歩道橋の下でさえ変わり続けていく 街も君も僕もだからそんな日々を 伝え合って 支え合っていたいんだどうだろう こんな僕と一緒にいてくれるのは退屈かい?幸せかい? なんとなく分かってるのに君だけだ こんな僕を知ろうとしてくれてるのはダメなとこ見せれるのは「バカだね」って声がした
世界にひとつだけの自分の足で周りまわった世界にふたつとない星空を集めほら、見せてあげようかあの日知ったものは愛じゃないとは言え何かもわかってないだけど確かに残る想い繋いでいたいんだまるでよくある自伝みたいだけどかっこつけるわけじゃないただただひとつ残る想いを繋いでいたいんだいつか消えてしまいそうになったらこの歌にのせ 風に飛び乗って世界中の果てまでもっともっと遠くへゆけるさ固くなった大地を踏みなが
「優しいね」なんて言葉少しも嬉しくないよ余裕あるその仕草が僕をもどかしくさせる笑顔のウラの淋しさ見抜けないほど コドモじゃないよこんなに追いかけて 追いかけても 縮まらないまるで 空に浮かぶ月と僕だ 二人の距離追いつけない距離ならせめてこのまま 僕を照らしてて決して見せない弱音を打ち明けてくれるのならすべてをかけて捧ぐよ君を照らす光になる強がる肩をほどいて僕に預けてほしいよ今はどんなに寄り添って 
そんな恥ずかしそうにいまは顔を隠さなくてもいいんだよさっきまでの涙も虹となり輝いてゆくうれしそうな君を見ているとボクまでなんかシアワセな気分になれるHappy Day, Happy Happy Day世界中のみんなが君を祝っているHappy Day, Happy Happy Dayいま君に贈る言葉 おめでとう昨日と同じような顔で朝は今日を運んでくるねでも一秒たりと同じ景色なんてない晴れ渡った蒼い青
本当ならば高鳴ってる鼓動さ 意地っ張りの君は押さえている妄想だけじゃ消せやしないジレンマ なりふり構わず連れ去ろうか?熱くなれない心責めたって 僕も同じような霧の中だけど何気ないこの会話 弾んだらSoいきなりBing Bing Knight 罪作りOne more timeどうやらこれが 夢を見る魔法 (強引讃えて)SoイカせてCrazy Night 終わりなきOne more chance振り切
自由の境界線求める程に Fade away感じている unreal憂鬱はいま打ち砕けリアルな自分からいつしか目隠ししてたEvery color in myselfそれが今叫びになる Shout outIm breakin through the wall常識はNoこのままじゃ down
堂々巡りの毎日に嫌気がさす何をやっても うまくいかないけどそれでもなお道は続いてく。走り続けた先に何がある どこまで行けるんだろう迷いふりきれずにいる自分で決めたはずなのに。傷つくこと恐れ見ないふり分かってるくせに痛み 苦しみ 知ってるからこそ優しくなれる今手の中にあるわずかな光を躊躇わずに さぁ消えないように さぁ空にかざそう自由を求めて気がついたら もうこんなとこまで想像してた未来とは違うそん