かごめ – 優里

拳をまた握りしめた 怒りのまま恨んでやるのさ
そいつの胸ぐらを掴んで 力のまま殺してやるのさ

歪んだ顔がほらバラバラに 崩れ落ちあたりに飛び散る血
法を犯さない方法で 自分を殺す方法があるなら僕を今すぐ殺してみたい

誰かが死んでもね イラつくくらいでした
乱れたダイヤに舌打ちして 溜息をついた
貴方が死んだこと 昨日聞かされました
拳に刺さるこの鏡じゃ痛みも足りない
かごめ かごめ
後ろの正面だあれ

血も涙も流れるのに 心のまま動けないのさ
壊れる事に慣れたから 思いのまま使われるのさ

軋んだ身体が叫ぶ声に
耳も傾けずににべもなし
愛する人だけ守れりゃ良い
他人を蹴落とせどこれが正義など
なんと小さき人でしょうか

貴方が死んでもね 悲しむ以外なくて
非力を正当化するだけの脳みそが恨めしい
黄色い線の外で懺悔を繰り返した
綺麗なものを見かける度 黒く澱んでく
かごめ かごめ 後ろの正面だあれ

幸せってどんな顔で俺の事を見てんの
幸せってどんな顔で俺の事を笑うの
生きるために必要な最小ってなんでしょう
君のために僕ができる何かってなんでしょう
愛を持って生きろって どの面で歌うの
信じられるものなんて 積み上げてないから
あれもこれも目に刺さって 心流れる
どうせいらない いらない
俺が生きてるこの世界じゃ見向きもされない
飛び込んだとしても誰も悲しまぬなら
俺は俺らしく生きてやろう 泥水の中で
高く高く飛べたらいいな