時計の針はすれ違い… — 修善寺鏡太郎(下鶴直幸)&指宿阿多(緑川光)

行き違い 繰り返し 巡り合い すれ違い
離せずに 離さずに この胸に 抱く想い

背中さえ見送らず あっけなく終わった
なのになぜめぐり会う いたずらな運命

気がつけば あの時が
離れてた 許せない
一瞬に 想い乱れ
ぶつかる
それぞれに時を 刻んでいるのに
離れたはずなのになぜ…

時計の針のように別れても
気がつけば追いかけてる
わかり合う 間もなく
瞬間に 通り過ぎ
想いは届かずに 過去に消えていった

行き違い 繰り返し 巡り合い すれ違い
離せずに 離さずに この胸に 抱く想い

君はいつ思い出す 僕を見捨てたことを
忘れてやいないんだ 君は知らないだけ

信じれる 傷つける
わけがない わけがない
わずかさえ 触れ合えずに
交差する
心の奥から なにかが聞こえる
なのにまた目をそらして

時間がどれだけ先に進んでも
あの日から離れられない
行き場なく さまよい
回り 続ける
どこへも逃げられず 君とまた出会った

時計の針のように別れても
気がつけば追いかけてる
わかり合う 間もなく
瞬間に 通り過ぎ
想いは届かない
いつでも君を待っている

何度すれ違ってても
用意した 言葉は
隠し 次へと
今日も先延ばしにして…

行き違い 繰り返し 巡り合い すれ違い
離せずに 離さずに この胸に 抱く想い