砂漠 – 佑

つまらない不安に囚われ生きているうちに
自分がなくなってカラカラに渇いてしまった
いつしか辺りの木々や草花は消えていて
広い空に1人歩く事さえ儘ならない

きっとずっと信じていたものは
幻想だってやっと気付いたよ

消えない心を探す度に見えない影に晒されて
全て求めるくらいならばいっそ枯れて朽ちるまで

誰かを信じていたいと
何度も思ってみたけど結局

消えない心を探す度に見えない影に晒されて
全て求めるくらいならばいっそ枯れて朽ちるまで

届かない言葉並べてみてもただ砂に溶けるだけ

知らないうちに辿り着いていた此処は何もない場所で
遠く光る方に向かって彷徨う亡霊の様に

消えない心を探す度に見えない影に晒されて
全て求めるくらいならばいっそ枯れて朽ちるまで

つまらない不安に囚われ生きるのはやめて
自分を取り戻せいつまでそこに留まるの?

コメントを残す