旅のほとりで – 伊藤敏博

いつかまた来ると
つぶやいてみる
寂しさがすこし
心しめらす
出逢いと別離の
想い出みやげに
時の舟にのり
明日へ旅立つ

せめて今だけは 旅のほとりに
心 とめさせて 夢を見させて
せめて今だけは 旅のほとりに
心を浮かべて 揺れていさせて

誰のものじゃない
わたしの人生
哀しみ幾つか
越えてきたけど
振り向けばいつも
あなたの笑顔に
守られてたから
今日に出逢えた

そうね いつだって何処にいようと
あなたがわたしの愛のぬくもり
そうよ いつだって何処にいようと
あなたがわたしの旅のはじまり

せめて今だけは 旅のほとりに
心 とめさせて 夢を見させて
せめて今だけは 旅のほとりに
心を浮かべて 揺れていさせて

夢を見させて