メケ・メケ – 仲代圭吾

船がいったっけ 荷物あったっけ
山と積んであったっけ ラ
港にチッポッケ 酒場あったっけ
可愛い子がいったっけ ラ
彼氏に抱かれて 泣いてたっけ
別れぎわ
存分泣いたっけ 泣いたその訳
娘は男に首ったけ
メケメケ 月並な恋物語
メケメケ いわゆる 恋の終りさ

汽笛鳴ったっけ キスをしたっけ
別れのキスしたっけ チュッ!!
娘はいったっけ 胸もはりさけ
勇気もくじけ アア
一人じゃダメなの 行かないで
ねぇあんた
髪をなでつけ 男はいったっけ
行かなきゃならないその訳
メケメケ 月並な恋物語
メケメケ いわゆる 恋の終りさ

娘をふりのけ 男はでかけ
船は出るはしけ ボーッ!
デッキに腰かけ 波止場を見たっけ
娘が手を振ったっけ ラ
突然男は 海にザンブリ
飛びこんだ

波をかきわけ 泳ぎついたっけ
サメもあきれて口あけ
メケメケ 月並な恋物語
メケメケ いわゆる結ばれた恋さ
人のいる限り
なくなりはしない 恋!!