Only For You – 今井絵理子

初めて会った頃に 触れた
風の匂い まだ覚えてる
騒がしい人波を あの日
すりぬけるように 抜け出した

何もないような道のりを
あてもなく ただ歩き続け
静寂が二人を包んで
寄り添う未来 確かめて

あれから たくさんの夢を見て
分かち合える安らぎ 覚えて
一緒にいられる時間が ずっと
続くものと思ってた

いつでも 心から向き合って
あなただけに 笑って 泣いた
胸を巡る想い出も 今は
まるで遠い日々のよう

沈む月が太陽を誘い
長い夜は 終わりを告げて
何事もないように 今日も
人の波は 動いてる

あの頃に あなたと見つけた
途端に咲いていた花は
今も 胸を張ってるみたいに
つよく 生きてるのかな

幸せが 怖くなった瞬間が
少し贅沢に思えるほど
今 手に入れた自由のほうが
きっと 寂しいはずだね

それでも 二人で過ごしたこと
決して 後悔はしていないよ
愛しさを 教えてくれた人
ずっと 大切にしたいから

並んで歩くのが好きだった
悩みを聞いてて 嬉しかった
どんな言い争いがあっても
いつも 絆 信じてた

いつでも 心から向き合って
あなただけに 笑って 泣いた
胸を巡る想い出も 今は
まるで遠い日々のよう