おやすみなさい…と男たちへ — 京本政樹

すれ違うような出逢いでも
強く誘われて…
潮騒の聞こえる部屋で朝を迎えたの…
淋しさゆえに 傷を増やしてる
自分がとても いやになるけれど…
まだあなたへの 愛が消え残る
この気持ち ごまかせない…

次の約束 誘われて…
二度と逢わないと
マスカラ 紅をひきながら
背中で答えた…
愛しさゆえに 心濡らしてる
自分がとても 切ないけれど…

まだあなたへの 愛が消え残る
この気持ち ごまかせない