二人だけのシルエット – 五輪真弓

南の島 あなたと私は
動き出した船に乗って 波しぶき
頬にはじけてとぶ あなたは瞼とじる
今日は荒海 波にまかせてゆく

夏の日の 思い出を
胸に熱く刻みこむ
幾千の秋を待ってる
この恋を忘れない

坂を登る 石ころだらけの
路を息はずませながら二人
フィルターのない太陽が照りつける
今日は青空 風に吹かれてゆく

丘の上 たたずめば
都会は遠いざわめき
何もない 静かな島
二人だけのシルエット

夏の日の 思い出を
胸に熱く刻みこむ
幾千の秋を待ってる
この恋を忘れない

この恋を忘れない