ピアニッシモで… – 久保田早紀

秋の稲妻はふいに
寒い日を連れて来るから
遠い国から来た私のことを
そんなにやさしく抱きしめないで

窓には潮風 波が高くなる
孤独な時を 今だけ暖めて
束の間ゆらめく炎になるのは
まだ早すぎるわ 白い部屋で

ピアニッシモ ピアニッシモ
何もかも知りすぎなくて いいのに

秋の夕暮れはふいに
哀しみを連れてくるから
今は遠い日の想い出あなたに
話せはしないわ 傷つかないで

壁にはセザンヌ 枯葉色の森
あなたのひざに 頬杖ついてみる
束の間 男と女になるのは
明日にしましょう 白い部屋で

ピアニッシモ ピアニッシモ
何もかも知りすぎなくて いいのに

窓には潮風 波が高くなる
孤独な時を 今だけ暖めて
束の間ゆらめく炎になるのは
まだ早すぎるわ 白い部屋で