秋の稲妻はふいに寒い日を連れて来るから遠い国から来た私のことをそんなにやさしく抱きしめないで 窓には潮風 波が高くなる孤独な時を 今だけ暖めて束の間ゆらめく炎になるのはまだ早すぎるわ 白い部屋で ピアニッシモ ピアニッシモ何もかも知りすぎなくて いいのに 秋の夕暮れはふいに哀しみを連れてくるから今は遠い日の想い出あなたに話せはしないわ 傷つかないで 壁にはセザンヌ 枯葉色の森あなたのひざに 頬杖ついてみる
夢がはがれて空に昇った夜はきっと新月に照らされる眠るあなたとわたし 見下ろしているenergy ふたつめの魂明日も暦に無い遠い未来もこの恋のすじ書きはもうすでに書かれているはるかな ネフェルティティ輝く ネフェルティティ 時のピラミッドからのぞいた過去の町も今日と変わりはしない恋に破れた者と微笑む者が移り変わってきただけあなたが 初めて愛した誰かと同じ道 私も通るようになっているはるかな ネフェルテ
季節風を追いかけてみたいトランクひとつ持たずに西へ行く 月夜を滑るように走り続けて旅人の哀しみを乗せたバルカン窓に息を吹きかけて行き過ぎた男(ひと)の名前書けば愛の次はウソと言う名の駅で降ろされてばかりだから 飛び乗ったの女がたまには一人で旅に出てもいいじゃない国境線にけむる霧が流れ出して想い出を くもらせた 安いワインで夢を飲みほした晩は冷たいシートも羽のソファに変わる忘れてしまいたいのにひとりで居
Hello マリアンヌHello ジュリア遠すぎる都会から 車を飛ばして来たの舗道に置かれた テーブルが見える口々に語る夢金色 巻き毛を揺らしため息をついた 角の店ドアを押した教会のそばの もみの木もあの頃 もっと大きく見えた雨上がり 黒い犬ゆっくり通りを横切る口笛を吹けば 尾をふるよ小さな胸のメモリー 湯気の出た カフェオレにひとつの願いを かけたそれぞれの 夢を叶えてと十字 切る焦げ茶色をした 
ただそれはこの街にも ありふれた愛の軌跡名前すら 知らない男と女が“二人”と呼ばれただけのことただ それは白昼夢に まどろんだおとぎ 噺夜が明けて 気づいてみたら白い空と いつもの朝だけが待っていたわ 猫のような 目をしている寂しさを吸って 輝く瞳には想い出が 渦を巻いて描く らせん階段 ひとときの 哀しみから甦える 私だものいくつもの 出逢いを めぐりめぐってはまた違う恋に 生きるでしょう こんな事な
男と女と女三人寄れば また誰かが泣くことになると わかりきってた So気にしないで あの娘(こ)と 踊ってきて私も覚悟を キメルワあなた 最後のDANCEの後(あと)呼び止めた 私の名をOh, Never fall in loveあの日は もう来ないのOh, Never fall in love想い出の中にだけお・と・も・だ・ちでいましょその方が いい好きだから 嘘をついた ギリシャと名付けた丘で夕陽を見つめるわあ
小雨をさけて 泊まる場末の安ホテルきしむBedのそばでゆれるランプの炎疲れた身体横たえて 静かに目をとじれば 雨の音に呼び戻された遠い昔が浮かんで消える今夜は想い出たずねて眠る夢で会えるわ あなたと上海ノスタルジー tonight 窓を少し開いて夜風に身をまかす遠くのほのかにかすむ港の町あかりにかさなる記憶薄らいで はかなく来ないあなた 待ち続けて夢みた日々も霧苗とともに何処かに消えた今夜は想い出た
この世の全てのものはひとつの周期を持ち宇宙のおきてに従い月も星もまわる生まれた時からすでに今日の日は定められあなたに出逢うために私の道が敷かれていたの運命とは星のめぐり名も知らぬ同志が引き合い引き寄せられてゆくエムルーズ ファルダー エムルーズ ファルダー 火を吹いて墜(お)ちてゆく隕石のような恋は悲しい性(さが)に縛られて人を変えてしまう男と女を越えて愛せる人はひとりあなたはひとりしかいないのよ広
この坂を登りつめるとふるさとの街が見える幼ない日の 壊れやすい記憶を指先で たどってみる灯りの花が咲き夜のとばりに 浮かぶ窓食器のふれる音 夕餉(ゆうげ)の祈りそこには悲しみさえわかち合える人がいる……愛の器にこの坂を登りつめるとふるさとの街が見える 色あせた時計台の針は遠い日を回りつづける年老いた鐘の音は 静かにうなづき 語りかけるよ“あれから どこへ行きどんな世界を見て来たの大人の目をして 帰っ
紫の霧の中 けだるげに街は眠るしめった髪の毛の 重さが哀しいあてもなく どこかへ行きたいのヒール鳴らしてひとはみな 気ままな女とうらやむけれど帰り道をなくした 子猫とおなじよあの人の部屋にはもう見知らぬ 誰かがいるどうぞ私に かまわないでただ真夜中の散歩と しゃれてるだけ 泣きながらこの道を 裸足で駆けた日もある背中に追いついた やさしい足音抱きとめた両手のぬくもりも思い出せる歩いても歩いても あの
それはあまりにも 突然の仕打ち悪い夢に起こされた暗示のとうりようまくできた喜劇 私はピエロね三人芝居の わき役だなんてすこしも気がつかなかったの橋のたもとで 待ち合せしたあの夕暮れのときめき肩を並べて歩く二人が ゆれる水鏡は幸せしか映してくれなかったのにほんとの相手役は 美しいあの娘あなたとの恋を打ち明けた 友達 今日も教会で 噂を聞いたわ結婚式は オレンジが花咲く頃だと水も時も流れ 私だけ一人死ぬ
やさしいトーンで おやすみと言ってあの頃は眠りについたあなたの右腕 イメージの狩人旅してた ゴールドの夢あなたを一人にさせてしまったくせに静かな夜がこわい エルドラド それは今 失くした時の中あなたの声 甘いぬくもり 二度ともどらぬ幻砂の城 エルドラド 愛の夢 アマゾンのような 迷路に誘われあなたのダイヤルを廻す留守番電話は 寂しいメカニック私とは知らず 話す涙がこぼれる答知ってるくせに言葉にするの 
過ぎた日を売っているバザールはどこですか思い出のつづれ織り糸がとぎれたまま涼しげな ほほえみの若者を見ませんか西へ行くキャラバンにまぎれて消えた人を光と影を縫ってきのうへの旅はつづく幸せの 砂時計ひび割れ 壊れたままもしかして何もかもコバルトの蜃気楼したたかな空と大地の魔術でしょうか かわく胸 うるおせるオアシスはどこですか枯れ果てた唇をよみがえらせたいのめくるめく あの愛はほんとうに あったこと?
ガラス張りの ビルの街渦巻く人は誰も彼もが 時計じかけのロボットだけど君は生きてるね失くした愛をふり向く顔が 哀しく美しいアスファルトの迷路に見つけたぬくもり息をとめて心のシャッター押す瞬間世界が止まるLens Eye ぼくの目には 真実が映るぼくの目には 優しさが見える プラスチックの地下室は浮気なパーティー行き場所のない 都会の孤独が踊る使い捨てのラブ・ソング 君の耳を右から左 通りぬけて行ったね
YOU 24時間 朝も夜も溶かしてYOU それはあなたの恋を操る手品ああ 夢から覚めた私は魂を抜かれた人形ああ 闇をさまよう愛のぬけがらはあなたを探すもう誰にも止められないねじのこわれかけたルシアン YOU 枯れた黒バラ 胸にさして微笑(ほほえ)むYOU 遊び上手はお別れ上手なのねああ あなたの糸で踊らされた私 一夜(ひとよ)の人形ああ 忘れられない殺し文句だと気付いた今もすれ違う心と身体ねじのこわ
七つの海から 帰る男たちでにぎわう港に また来ていた今日もあの人の 噂ひとつも耳にすることもない船乗りには 恋するなと昔パパが 私に言ったわ“アルファマでは よくある話さ忘れなよ”と 海鳥(うみどり)が笑うだけどあの人は 初めての男(ひと)よ思い出には まだできない あの白い船に きざまれた文字は私の知らない国の言葉最後の手紙は 一年も前今頃どこの港石だたみを かけおりても抱きとめる 腕が違う“愛し
鏡の中の星に 口づけをして眠りさそう じゅもんを唱えてみるのフランスドールのためいき聞こえるほど 静かな夜Long alone the nightこんな時間 うめるため出す宛ない 手紙を書く青いインク にじむたび淋しさつのるだけ“空をわたる 星たちよ願いごと かなえてよ”つぶやく夢 宙を舞いはかなく 消えてゆく 白いレースがゆれる パーティードレスさそいにくる人など 誰もいないの今夜は風を相手に夜明けまで
空を一枚めくると何が見える街を飛び越えてここまでおいでよ僕は明日のトンネルをくぐってもうひとつの地球にたどりついたよ新しい太陽に輝く人達時はすでに動き出したよ1999Well come to the new starWell come to the new star愛をたしかめに行こう 風にさわればはじける愛のリズム君をひきつける七色のメロディー希望を手づかみでポケットにつめ込みもうひとつの地球に君をさそうよ新しい生命
あどけない眼差(まなざし)には 気をつけなさいね恋など知らぬそぶりで 近づいてくるあの娘(こ)は少女の顔 心は魔女なの男と女で笑顔を 使い分けるわ葡萄樹の葉陰に立ち 誰かを待ってるまた一人若者が 魂(たましい)を失くすブロンドの髪を ときながらつぎの獲物を 待ってる あの人はもて遊ばれ 村を出て行った私を愛した日々の 夢も失くして葡萄が実る頃は 今でもつらいわ秋には花嫁衣装を 着るはずだったから葡萄
シャングリラ……ああ それはシャングリラ……どこに インダスの水に浮かぶ黄金の月を縫ってあの人に よく似た影を乗せた小舟が来るこの夜に出会うために私は生まれ さすらいいくつもの めぐり逢いと別れを越えて来た 運命(さだめ)の河…誰も一度は この岸に立つ夢の流れ…惑いという名のサリーを脱ぎ捨て シャングリラ この地上のさがしつづけた 楽園シャングリラ それはきっとあなたの胸の中 ひんやりと 花のしとね火照っ
子供たちが空に向かい 両手をひろげ鳥や雲や夢までもつかもうとしているその姿はきのうまでの何も知らない私あなたにこの指が届くと信じていた 空と大地が ふれ合う彼方過去からの旅人を呼んでる道あなたにとって私ただの通りすがりちょっとふり向いてみただけの異邦人 市場へ行く人の波に 身体(からだ)を預け石だたみの街角をゆらゆらとさまよう祈りの声 ひずめの音歌うようなざわめき私を置きざりに過ぎてゆく白い朝 時間旅行
空港のロビーから長い電話をする事もないこうして独りの今はサテライトに降る星くずに誘われ北の空へ向かう 戸惑いも空しさも荷造りをしてトランクにつめ込んだ思い出数える男でも女でも旅立つ朝はきっとこんな気持ちにふるえるはず 空港のロビーでは花をかかえて見送る人が私の背中を追い越す凍えた夜の灯も一粒の真珠にやがて変わるわ 最終便で 少しだけ優しさが違ってた事悲しい程わかっていた愛なのに出来るならわがままに私を抱
化石の都会(まち)を あの人をさがして裸足でさまようそんな夢がとぎれて 目覚めた朝くちびるに涙 逃げ出したいのよ 想い出の腕をこのままだと恋の痛み 胸にとじこめるだけどこでもいいから 私を飛ばして西でも東でも 風の向きに 名前も姿も 顔も過去さえも変われる国まで 飛ばして ジプシーたちの群れに まぎれ込んで歌うのもいい港町の酒場で 夜明けまでの恋も売れるわ 逃げ出したいのよ 虚ろな日々からこのままだと二度
生まれ変われるなら 一羽の鳥になりあなたの空を ひそやかに舞うの旅に疲れた朝 孤独に悩む夜気づいて見上げて くれるように 摩天楼の 森の陰に忘れられた 私ひとりあなたの目には 見えませんかガラス越しの この涙 人に生まれ 人を愛し知ってしまった 生きる痛み何も恐れず あるがままに息づく いのちがほしい 少女の頃の目は いつも空を映し季節の花を 待ちかねていたわ少年のあなたと もっと前に出会い風吹く草原 
あなたは あこがれの空と海SIDI BOU SAID愛の夜明け 出会ったその時 ふるえた心SIDI BOU SAID 不思議な人地上に舞い下りたひとつの愛にお互いが引き寄せられてめぐり会うの知っていたの あなたはこの手の中の哀しみもその瞳でいやしてほしいドアの外はいつでも疲れ果てた都会だけど想いだけは時を越えて行くの あなたは 果てしない未来なのSIDI BOU SAID永遠に息づいてあなたは あこがれの空と海S
飾られた言葉の 罠に嘘が香る間違い 届けられた花束の香りよかけ出した私を 都会(まち)は指さして笑い空は黙って 涙をこぼしたからみつく髪が ほどけるように少しずつ あやまちが見えて来たの みせかけは もうたくさんよ今度こそ だまされないわみせかけは もうたくさんよ呼びとめた声さえ つくりもの 私が愛したのは 鏡の中のあなたどんなに追いかけても 触れなかったはずね硝子(がらす)のむこうで ほんとうは別な
雨の歌は 恋の歌恋の歌は 別れの歌口ずさめば おさえた涙が待ちきれずに リズムをとりだした ガラスのドア 開けたとたん呼び出したわけが わかったわサヨナラを言うには お似合いね街は小雨模様の午後あやまることなんか ないわどうしたの? あなたらしくない季節が変われば 人も変わるお願いよ 黙って行って 雨の歌は 恋の歌恋の歌は 別れの歌無駄になった あなたの大好きなイアリングに 九月色のしずく 一度も見せた
よく熟れたオレンジの冷たい重さは大人びたあなたの優しさみたいさっくりとかじって 街角曲がれば酸っぱい恋しさが 心にひろがる憂鬱が かわいい女だなんてそうなの あなたの買いかぶり 光降る国へ 舞い降りた日から私のハートは Full of Sunshine L.O.V.E.光降る国へ 飛んでおいでよ素顔のまぶしさに 愛が変わるよ 空なんて見上げない せわしいあなたに気の早い真夏を 抱いて帰るわ“お帰り”とほほえ
ああ めずらしく都会が星空に抱かれた少年は うつむいた顔を銀河に向けていた ぼくが生まれる ずっと前にそこに住んでた気がする寂しいこの都会を 離れて空へ帰っていいかい?オリオンが手をひろげ少年は星空へ からだを投げ出した誰ひとり気づかない 夜の出来事 踊りつかれた人の群れが家路たどる 夜明け前つめたい舗道に 落ちていた眠るみたいな なきがら降るような星空に新しい星ひとつ 生まれて燃えている誰ひとり気づ
大陸の果ての空に銀河の光 薄れてゆらゆらと 麝香色の夜明けが訪れる突然のつむじ風が記憶の波をかすめて遠い日も そして今日も忘れてしまえたら ああ 愛の沈黙(しじま)時を失くした 世界にひとりああ まだ私は幻 さまよう あなたの巡礼 Mm モザイクの壁画の中このまま埋(うず)もれたならいつの日かまたあなたが通り過ぎるかしら 紫の地平線に神々の声がひびく”倖せを粗末にした報いが来たのだ”と過ぎた日に 帰れる