海猫 – 中田裕二

不甲斐ない夜に 背中を預けて
ため息を燻らせていたのさ

つまらないことに すぐにさらわれて
どれだけの時を過ごしたんだろう

川面に映る 赤い街の灯

羽ばたいたよ 羽ばたいたよ
海猫が鳴きながら
僕はただ 流れる空を眺め
痺れてたあの昔のこと
懐かしく見送るだけさ

嫌いになれない 憎たらしいのに
あれほどこじれて やけになっても

想いは自ら操れないのさ
それならすべてを明け渡して

雨の夜更けに 交わした言葉

旅立ったよ 飛び去ったよ
海猫が鳴きながら
僕はただ 暮れゆく空を眺め
ぼんやりとした希望を抱いて
明日に連れ帰るだけさ