YOU – 中江有里

黄昏に響いたあなたからの電話
泣きそうな声をして
話し聞いてと言った
今すぐに行くから もう少し待っていて
かけだしたこの街に夕日落ちた

行き慣れた道程
街灯がてらす
一人きり待ってる部屋へ 急いで

大好きな瞳が涙でぬれてたら
らしくないよって
肩をかしてあげる
無器用な私に出来ることと言えば
そうして話しを聞くだけだから

前にもこんな事あったねと気付いた
あの時は私から電話をかけて呼んだ
同じように今夜あなたに会いにきた
だけどなぜ「ごめんね」と笑顔見せた

たった今 電話で仲直りしてたの
だからもう大丈夫なんて言うの

大好きなあなたの笑顔を見ていたら
かける言葉さえ忘れてしまったわ
だけど良かったよね ねえ何があったの
今夜はそのわけ聞かせて欲しい

あなたのその笑顔なくしたくないから
つらいときすぐに声をきかせてよね
時々はこうして夜明けまで話そう
あなたは大事な友達だから
友達だから