君住む街へ – 中村あゆみ

そんなに自分を責めないで 過去はいつでも鮮やかなもの
死にたいくらい辛くても 都会の闇へ消えそうな時でも

激しくうねる海のように
やがて君は乗り越えてゆくはず

その手で望みを捨てないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで 飛んでゆくよ
ひとりと 思わないで いつでも

君の弱さを恥じないで 皆んな何度もつまづいている
今も君も あの頃に負けないくらい 僕は好きだから

歌い続ける 繰り返し
君がまたその顔を上げるまで

あの日の勇気を忘れないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで 飛んでゆくよ
ひとりと 思わないで いつでも

雲の切れ間につき抜ける青い空
皆んな待ってる また走り始めるまで

その手で心を閉じないで
その生命が尽きるまで
かすかな望みが まだその手に
暖かく残っているなら

……忘れないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで 飛んでゆくよ
ひとりと 思わないで

あの日の勇気を忘れないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで 飛んでゆくよ
ひとりと 思わないで いつでも

コメントを残す