深くて 熱い愛しさ会うたびに積もるの 白い羽のように何度も すれ違っていたスキ・キライ・ダイスキ スクランブル交差点朝も昼も 夜も夢の中でもずっと そばにいたいあなたを 守りたいのこんな気持ち 初めての感情世界を 敵にしても私だけは 味方でいたいから見えない キズナノユクエまた泣いて笑って 忙しいeveryday誰になんて 言われたって信じる勇気 それが愛なのコイだと 気づいた瞬間(とき)世界中が
ちょっと肌寒い 夕焼け空 伸びていく影もっと知りたいよ 冷たい砂 一人きりサーフィン姿に キュンとした夏は陽炎なんかじゃないよね 水平線に問いかけ 溜息裸足の季節の中 思いはまだ 残暑みたいです裸足の愛に触れて 心はまだ 焼けてるの秋色の風が 焦げた胸に吹くヒリヒリして 零れた涙は あなたのせいよ サマーボーイきっと逢えるよね 離した手は 空気つかんでるずっと消えないの 優しい声 波のよう遠くこだ
古いアルバムの中に 隠れて想い出がいっぱい無邪気な笑顔の下の日付ははるかなメモリー時は無限のつながりで 終わりを思いもしないね手に届く宇宙は 限りなく澄んで君を包んでいた大人の階段昇る 君はまだシンデレラさしあわせは誰かがきっと運んでくれると 信じてるね少女だったといつの日か 想う時がくるのさキラリ木洩れ陽のようなまぶしい想い出がいっぱいひとりだけ横向く 記念写真だね恋を夢みる頃ガラスの階段降りる
待たせてゴメンね うつむく横顔拗ねてる そんな 君が好きよ人波お花見 はぐれて迷子に汗だくで 見つけてくれたね手を繋ぐこと 嫌がってたくせに瞳 そらし やっと繋いでくれたね! (やっと繋いでくれたよー!)青春Love 弱気は捨てて天然Love 思うがままに心の翼 広げようよ青春Love 力を抜いて天然Love 笑顔のままで大人は行けない 2人だけ 青春のパラダイス初めてのケンカ 気まずい横顔不器用
危険なカオリがする Bad boy君にときめいて眠れ ナイナイ誰にも言えないない トラブルいきなり告白され Why Why無口なくせしてかなり 大胆夕陽に染まった 頬にキス近づいちゃいけない分かるけどスキ だけど ダメ でも ムリ 止まらない禁断の果実 触れたのろまんてぃっく 愛情愛情二人なら どんなことも 怖くないよ安全な愛なんて いらないろまんてぃっく 愛情愛情言葉よりも抱きしめて ほら早く変
秋の風に 吹かれて舞い落ちていく 枯葉の涙手と手つないで 歩いた並木道が 枯葉色に染まる冷たすぎる 風の中震えてた わたしを優しく笑い 抱き寄せた小さい えくぼ 愛しくて秋色の片想いいつか 叶う 信じてた一期一会 巻き戻す記憶あなたがいれば 素直になれた想いが降り積もる 逢いたい 逢えない あなた冬の 足音 聞こえる窓辺に立ち 空を見上げた雲がちぎれて 離れるまるで二人の 思い出の後先別れ際に 低
雨が降る モノクロの街に 並ぶ傘サヨナラを 予感させる無言君の 困った笑顔やだよ やだよ傘捨てて 思わず 走り出す泣かないと決めたのに 思い出が微笑む頭なでてくれたね 大きな手のひらで凍てついた暗闇に 涙たち溢れて冷たい風 こぼれてく 瞳から雪雪が降る 騒ぎだす街で 一人きり無意識に 君を探しては洩らす 白い溜息逢いたい 逢いたい人波に押されて つまずいた泣かないと決めたのに 思い出が微笑む頭なで
Merry Christmas プレゼントはMerry Christmas 甘いキスをMerry Christmas 夜が明けるまで恋に落ちたサンタ君が寝てる 隙に忍びこむよ 横に寝顔に いたずらドキドキさせちゃうよMerry Christmas プレゼントはMerry Christmas 甘いキスをMerry Christmas 夜が明けるまで恋に落ちたサンタ1年ぶりに 逢えたトナカイたちは 留
歩き出せない季節鈍色(ニビイロ)の雪原に 一人ぼっち雲間から射す光陽だまりに 誇らしく 芽吹く花こんなにも 小さい体でも強く 今を生きてるんだ歩いていくもん 君のぶんまで向かい風も 靴ズレの痛みも気にしない約束の歌 心から放て弱気な 昨日も引き連れ春の光を集めて 踏み出そう歩き疲れたトンネル果てしなく伸びる闇 疲れちゃった眠りに落ちる瞬間はぐれてった みんなの声 聞こえたんだ鮮明に 蘇える記憶胸に
アイニージューキラキラ 隣にいるだけでモノクロだった 景色がカラフルに待ちきれないよ 君色ラブソングRainy 梅雨空バイバイSunshine 雲間から覗く急に 胸が躍る夏休みの予定 まだまだ ガラガラねぇ 君は なにするの?ほら 誘ってよ 海も 山も 早くアイニージューメロメロ 四六時中そばにいて太陽みたいで 眩しすぎる笑顔アイニージューピカピカ 隣にいるだけでモノクロだった 景色がカラフルに待
キモチ くもり空 降りだす雨にじむ 夢の地図 ため息だね冷たい 向かい風 作り笑いかすむ 道標 どこに行くの一人きり 迷子になってもいつでも 私が 照らすよかのん100% 太陽レボリューション虹の ローラーコースター さぁ行くよ!かのん100% リボンレボリューション笑顔の魔法 みんな にあげる明日 天気になぁれいつも つまずいて 下向く日々カベに ぶつかって 泣いちゃうよね悲しみの 夜がきたって
まだ体育館に みんなの余韻孤独な足音 涙こらえる校舎に残る 微かな記憶(メモリー)欠片を 集めて 抱きしめた 忘れないありがとうは言わないよ さよならになる桜色卒業 笑顔でまた会おう別々の道でも 心はひとつ桜色卒業 未来へ進もうまだ黒板に 卒業の文字机にたたずむ アルバムを 開いた真っ白なページに 溢れた言葉嬉しくて滲んで 続きが読めないこんなにも心が 温かくなる桜色の風が 濡れた頬撫でた(Your
下駄箱前で 君に偶然遭遇 横目チラリ零れ落ちるチョコの滝 やっぱり学園ヒーロー授業そっちのけ 君の背中見つめるいきなり目と目が ゴッツンコ意味深スマイル もしかしてバレバレ バレンタイン バレバレ バレンタイン見透かされてる恋心 どうしようアレコレ危険ライン アレコレ危険ライン世界で一番 好きなんです放課後教室 君に群がるライバルたちカバンに残るチョコの箱 しょんぼり一人廊下黄昏溜息 君を空に浮か
もぎたての青い空 海岸線を走る影白いパラソル 砂浜は花壇遊び疲れた帰り道 肩を叩いたにわか雨バス停二人 雨宿りしたね透けちゃった ワイシャツ見て逸らした瞳 愛しくなってこのまんま やまないでって 神様どうか お願い Yeah夏色のサプライズ眼差しはパラダイス微笑んで 手をとって さぁ行こう ほら夏色のサプライズくちびるはパラダイス運命に 手をふって さぁ行こうどこか連れ出して 足踏みなんて後の祭り
今 あなたの声が聴こえる「ここにおいで」と淋しさに 負けそうな わたしに今 あなたの姿が見える歩いてくる目を閉じて 待っている わたしに昨日まで 涙でくもってた心は今……おぼえていますか 目と目が合った時をおぼえていますか 手と手が触れあった時それは始めての 愛の旅立ちでしたI love you, so今 あなたの視線感じる離れてても体中が 暖かくなるの今 あなたの愛信じますどうぞ私を遠くから見守
短い髪を なびかせてリボン革命 起こしちゃうレボレボな 未来みんなの声が 聞きたいのみんなに届け 愛の歌メロメロな メロディ明日も会えるかな きっと会えるよね胸のときめきを 伝えたいなI MY ME アイドル WA TA SHI アイドルみんなを 撃っちゃうぞ ラブカノンで BANG BANGI MY ME アイドル わたしを見てねみんなのハート狙い撃ちよ もう 離さないスカートひらり なびかせて
ALL 4 YOU 白い砂に ALL 4 YOU 裸足の愛照れた笑顔 ねぇ 手を離さないでALL 4 YOU 触れる素肌 ALL 4
ドキドキ胸が YES-TODAY ムネムネドキが YES-TODAYねぇ 君はなんで こんなに愛しいもう 片思いには Yesterday 弱気な私 Yesterdayもう 抑えられないカモン カモン カモン だもん だもん だもん 恋なんだもん教室 となり 話しかけたい でも…黄昏 二人 帰り道でも ムリライバル達に 取られるなんて ヤダ溜息一人 ベッドの中で ムリ好きって言葉 たったそれだけがス
毎朝見かける 寝癖のあの人何歳だろ? 名前はなに?なんか気になるヒトメボレなの? タイプじゃないのに?なんで なんで なんで 痛いの?胸の中 小人たち 騒ぐのなんて なんて なんて 眩しいの授業中 食事中四六時中 君に夢中ダメ でも 好き ウラハラブみんなに相談 「やめな」のハーモニーわかるけど 消せやしないの脳内 混乱 氾濫これが恋なの? 誰か教えてなんで なんで なんで ドキドキ眠れない 食べ
何もみえない暗闇のなかで見つけたんだ 小さな光を私は歩いてくもう迷わないまっすぐに届け何も聞こえない喧騒のなかで見つけたんだ 小さな声を私は歌うメロディが空へ一杯に広がれ心は あなたに続いてるいますぐ会いたい感じたい ぬくもりを世界が満たされる 光でどこにいても 感じるよ 声をわたしのらぶこーるあなたに涙があふれる孤独な心に見つけたんだ 小さな愛を私は想う歌声が どこまでも響くI love you
想いはRain Rain やまないRain Rainもどかしい アナタからの言葉想いはRain Rain 雨が止む前に 早く言ってよ想いはRain やまないRain歩道橋から 見つめる街傘の花が 咲き始める震える肩 寄り添う匂い アイアイ傘勇気だして 肩寄せても 気付かない想いはRain Rain やまないRain Rainもどかしい アナタからの言葉想いはRain Rain 雨が止む前に 早くい
黄昏あなたと 手をつないだ帰り道沈んでくオレンジ 雲間から笑う星心のアンテナ どこ向いているのかな電波を飛ばすよ 大好きだよほらほらダーリンベイビ感じてよほらほら 笑顔見せて等身大の愛情を 届けるよほらねダーリンベイビ感じてよほらほら こっち向いて最大級の I love youを あげちゃうよ雨のち晴れでも いつかまた雨が降る窓辺で溜息 あなたに早く会いたい想いは溢れる どうすれば伝わるの?わから
コイノシルシ 君の瞳(め)に 見つけたのあの日気づいた時 胸の磁石 回りだした探していた ときめきに やっと出逢えたのどこにいても 見つけ出すよ もう 2度と迷わないきっとふたりは 運命だよ 何億もの人がいて出逢うのは コンピュータでも無理平凡すぎる 毎日に ピリオドを打ったのため息 卒業 できるのやっと青空が眩しい 君がいる風景は幸せのオーラ 溢れ出すの 止まらないよ駅前の噴水 虹を作っているよ
黒板 そっちのけで チラリ 見つめる先は甘い横顔 ファンタジー突然 校舎の裏 相談 恋愛モードやっぱ私にじゃないだけどあなたの 為に頑張るいつの日にか 振り 向かせてみせるわ鈍感過ぎな ロミオさんハピハピハッピークレセントあなたにハッピープレゼントわかって欲しいの この気持ち あなただけよ 永遠ロマンスハピハピハッピークレセントあなたに全部ささげる I love youいつか終わるの? ねぇ抱きし